野球少年が肘の痛みで来院されました!

2018年07月04日(水)

先日、13歳の野球少年が肘の痛みで来院されました。

2週間前に送球中に痛くなり、病院でレントゲンなどの検査をしました。

骨には異常がなかったので、痛みがある間は休んでね。という指示だったそうです。

1週間後に練習で軽く投げてみるとあまり痛みが変わらず、2週間たっても同じような痛みが続き、どうしたらいいのか不安だったそうです。

当院には、ネットで調べてスポーツのケガに強いということで来院されました。

肘の状態を診ると、内側の靭帯と前腕の筋肉が痛んでいました。

微弱電流治療器のエレサスと手技療法で痛みは軽減しました。

保護者様には、復帰までのプログラムを説明し、状態を見ながら投球フォームの指導もしたいと思います。

野球選手の肘の痛み #野球肘

投球フォームや打撃フォームに必要な身体の『タメ』をつくる 

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。