腰痛が出ていましたが原因がわかりました!

2021年02月12日(金)

スクワット

1ヶ月ほど前から腰痛が出ていました。。。

その原因を探っていたらどうやら上半身の筋力が強くなっているのがわかったんです。

というのも、四十肩の予防のために肩甲骨周りの肩や胸、背中のトレーニングを積極的にやっていたら肩回りが強くなって上半身と下半身のバランスが悪くなっていたようです。

一度に全部を強化することはできませんので、今一番弱いところから強化しようとした結果なので仕方はないんですけどね(;^ω^)

なぜ、ここ1ヶ月で腰痛が出たのか?

というとそれはソフトボールの練習が始まったからだと思います。

特にバッティングでスイングをしていると一番痛みを感じました。

トレーニングの成果が出て上半身が強くなっているのでしっかりとスイングができるものの、その力に耐えられるほどの腰の強さになっていなかったんだと思います。

よく考えると腰を鍛えるトレーニングをあまりしていませんでした(;^_^A

なので、まずその腰痛を和らげるためにストレッチや筋膜リリースなどを行って痛みを解消します。

マラソンランナーの腰痛について~解消法も解説~

時短のために加圧トレーニングをしていましたが、健康的な身体づくりとして軽い負荷の加圧トレーニングは有効ですが、少しハードなスポーツをする場合は多少重い負荷でトレーニングをした方がいいんです。

テニスだとラケットは片手で振れるくらいの重さなので腰痛になるほどではないんでしょうが、ソフトボールや野球ではバットを両手でスイングするのでしっかりと腰を鍛えておかないといけないようです。

先週からまだ痛みはあるもののウエイトベルトをしながら少し重さのあるスクワットやデッドリフトを開始しました。

20キロのバーだけでウォーミングアップをはじめ、5キロ~10キロづつ重りを増やして50キロから70キロ程度まで徐々に重くしています。

ザーチャースクワット

スクワットやデッドリフトでもいろいろとやり方がありますので、練習を兼ねていろんな刺激を入れていきたいと思います。

上の写真は、『ザーチャースクワット』といって腕でバーを抱えて行うスクワットです。

テニスエルボーで右肘痛でしたので、肘に負担がないようにとやってみましたが肩で抱えるスクワットだと肘は全く関係なかったです。。。ちょっとやってみたかっただけなんです💦

いずれにしても、急に重量を重くするとそれだけで腰痛が悪化しそうなので、じわじわと上げていきたいと思います。

院長紹介

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。