第49回新居浜市民体育祭の柔道大会に子供たちが出場しました!

2018年10月08日(月)

新居浜市民体育祭の柔道大会に武揚会柔道部そして、川東中柔道部として参加しました。

長男も次男も頑張って個人戦は3位でした。

柔道は体を鍛える要素がたくさんあるんです!

裸足で稽古をするので靴で運動するよりも足裏の感覚がよくなります。

踵で着地すると痛いので母趾球で踏ん張るようになりますので、下半身の力の発揮を効率よくしたり、バランスがよくなります。

受け身等の練習で身のこなしがよくなります。

転んだ際に大けがをしなくなるし、スポーツにおいてスライディングや相手との接触後の転がりがよくなります。

相手をつかんだで、押したり、引いたりするので、握力がついて背筋力がつきます。

遠心力を使うスポーツには最適です。

野球やゴルフ、腕をスイングするスポーツにも応用できます。

今はやりの体幹トレーニングにも最適です!

寝技はひっくり返されないように床にへばりつきます。

それをひっくり返そうとしたり、ひっくり返されないようにすることで体幹が鍛えれれます。

リビングで寝てしまった子供を寝室に運ぼうとしたとき、寝ぼけてひっくり返されないように床にへばりついている子供の力はかなりのものでした。

その時、意外と鍛えられているんだなーと思ったんです(笑)

スポーツ傷害の予防にもなります!

一つのスポーツを絞ってすることで、そのスポーツの動きが多くなります。

それにより、そのスポーツのケガが多くなるんです。

野球であれば、肩やひじのケガをするでしょうし、サッカーなら膝や股関節のケガが多くなるんです。

ですから、ほかのスポーツをして身体のいろんなところを使うようにすれば、ケガの予防にもなるしいろんな筋肉を鍛えることができるんです!

複数のスポーツをすることでのデメリットは。。。

一つ一つの競技力が余り上がらないことです。

しかし、子供の時の競技力は成長してからの競技力を保証するものではありません。

幅広く運動することで運動体験が多くなり、一つに絞った時の競技力アップにつながります。

まあ、単純にいろんなことができた方が、将来いろんなスポーツを楽しめるのでそれはそれでいいと思いますけどね。

集まれ!ちびっこ柔道選手!!!新居浜武揚会柔道部



  |  

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。