加圧トレーニング

山田洸誓選手のトレーニングをご紹介!

2018年06月21日(木)

格闘家 山田洸誓選手のウエイトトレーニングをご紹介いたします。

今までは、加圧トレーニングを中心に基礎的な筋力をアップに取り組んでいました。

今は十分に全国でも戦える筋力をつけることができました。

さらに筋力アップ、パフォーマンスアップを狙い大きい筋肉、多関節を中心とした高重量のウエイトトレーニングも取り入れています。

空手は、スピードとパワーも必要なんですが、筋持久力も非常に必要なんです。

勝ち進めば一日に何度も試合があり、その試合中も一発一撃で終わらず、ずっと殴り合っていることもあります。

ですから、準決勝や決勝戦まで行くと疲労困憊になっているんです。

 

 

股関節の使い方をよくしてスピードとパワーを高める! #山田洸誓 #加圧トレーニング

2018年06月09日(土)

下半身の力を最大限に発揮するためには、股関節の使い方が重要になってきます。

一般的には膝の曲げ伸ばしが、脚力だと思われていますがそうではないんです。

股関節を使わなければならないことが、わかっていてもちゃんと使えている人はあまりいません。

膝周りの筋肉よりも股関節の方がハムストリングス(モモ裏)やお尻など大きな筋肉があり、それらを優先的に使うことでジャンプ力やダッシュ力が高まります。

アスリートがトレーニングすることと、ボディービルダーが体を作ることの違いはここにあります。

ウエイトトレーニングをすることは、身体を大きく強くすることだと思っている人が多くいらっしゃいます。

しかし、ただ単に身体を大きくするトレーニングではなく、身体能力を合わせて向上させることが、アスリートにトレーニングを指導する上では重要になってきます。

ですから、説明が理解できる中学生くらいからウエイトトレーニングを始めても問題はないんです(^▽^)

中学生に対するトレーニング指導

こんどう接骨院 併設加圧スタジオ サムでは、中学生を対象に正しい体の使い方やケガをしにくい身体作りをするためのウエイトトレーニングを指導しています。

中学生でも安全にトレーニングが出来るように、低負荷で筋力アップができる加圧トレーニングを取り入れているので安心して取り組めます。

そして、多くのトレーニング種目を行う事で、全身の筋力アップを図り、偏った筋力をつけないようにも気をつけています。

加圧会員募集中!
学生・アスリートトレーニングコース
詳しくはこちらへ!

 

友だち追加
こんどう接骨院のライン@に登録していただくと、最新情報や院長のブログをお知らせ致します。
登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

デビュー戦勝利! 山田洸誓選手の試合後のインタビュー【RISE 116】2017.3.5 

2018年06月06日(水)

凄い試合でしたね。

ありがとうございます!

押忍!

デビュー戦としては上出来ですね

あっそうですか(^▽^)

自分の中では、もっと技を出しつつ って思てたんですが、

かなり接近戦になって、パンチがうまく当たって良かったと思います。

身長も体つきも、全然小さい方なんですけれども

パワーには自信があったので、十分やれると思ってました。

押忍!

順調にまず白星一つに手に入れました。この後どうしますか?

そうですね。

空手の方が本業になるんですけど、

二刀流としてできるなら頑張って、

やって行きたいと思います。

押忍!

おめでとうございます!

押忍!

ありがとうございます。

 

<山田洸誓 VS 田村亮太朗> 

RISE 116 スーパーライト級(-65kg)キックボクシング2017.3.5

加圧トレーニングは、血管トレーニング

2018年06月01日(金)

加圧トレーニングは、

専用ベルトを腕や脚の付け根に巻き、

血流制限をしながら軽い負荷でトレーニングを行います。

 

ベルトは軽く締めているので、

腕や脚の末端に血液がどんどん溜まっていきます。

すると普段使わない細い血管まで広がります。

 

皮下脂肪が少ない方は、

日頃見たことないような血管まで

見えるのでちょっとビビります

 

加圧トレーニングを用いたリハビリは下記をご覧ください⇩

股関節人工骨頭置換術後の治療と加圧トレーニングのリハビリ

ウエイトトレーニングをするのをみていて思うこと

2018年05月31日(木)

トレーニングに取り組む姿勢をみれば、

どの程度の選手なのかよくわかります。

 

真面目に一生懸命に取り組んでいれば、

筋力がついてくるのでパフォーマンスがあがり、

自ずと結果もよくなります。

 

逆にいい加減にやっていれば、

センスはあるんだけど、

あまり伸びなかったり、

結果も思ったほどよくありません。

 

トレーニングに一生懸命に取り組んでいる選手は、

大抵練習も一生懸命に取り組んでいますから、

そりゃあ、上手くなりますよ。

 

当院では、併設の加圧スタジオにて

中高生を対象に加圧トレーニング指導をしています。

詳しくは下記をご覧ください⇩

ここで学んだことを高校でも活かしていきたいと思います!!

中学生に対するトレーニング指導

2018年05月23日(水)

こんどう接骨院 併設加圧スタジオ サムでは、

中学生を対象に正しい体の使い方や

ケガをしにくい身体作りをするための

ウエイトトレーニングを指導しています。

 

中学生でも安全にトレーニングが出来るように、

低負荷で筋力アップができる加圧トレーニングを

取り入れているので安心して取り組めます。

 

そして、多くのトレーニング種目を行う事で、

全身の筋力アップを図り、

偏った筋力をつけないようにも気をつけています。

基礎的な事を習う事が出来て良かったです。

繰り返す痛みには加圧トレーニング❗️

2018年05月18日(金)

捻挫や肉離れなどで一度痛めてしまったところは、痛みがなくなったとしても筋力が弱くなっています。

弱くなってしまった筋力を元どおりにしないまま、運動をすると再発することが多いんです😭

「肉離れはクセになる」と言われるのはこれが理由です🤨

当院では、加圧トレーニングをリハビリや治療で取り入れ、早期に筋力の回復をさせることができます。

お困りの方はぜひご相談ください。

加圧トレーニング 治療・リハビリコース

保護中: 重度の骨折も加圧トレーニングで早期に復帰!

2018年05月17日(木)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

成長期に適したトレーニング指導でケガの予防!その1

2018年04月17日(火)

身体の成長を妨げないトレーニングプログラム

当院併設『加圧スタジオ サム』では、成長期の中学生・高校生に対して加圧トレーニングを含めたウエイトトレーニングの指導をしています。

中高生に対する当施設のトレーニングプログラムは、ムキムキに筋肉をつけるというよりも多くのトレーニング種目を採用し、全身のいろんな筋肉をバランスよく鍛えるようにしています。

ウエイトトレーニングをすると背が伸びなくなるじゃないの?

成長期の子供に合わせた適切なトレーニングプログラムを行えば、ケガを予防し、子供の成長を促すことができます。

中高生に対してウエイトトレーニングを行うメリット

ウエイトトレーニングを早い段階から開始しすることで、時間をかけてウエイトトレーニングの基礎を習得することができます。

そして、大人になってレベルの高い技術を習得するための体力や筋力を備えておくことができます。

安心してトレーニングができる理由!

近藤院長は、関東でトレーナーとして活動して来た経験と実績があり、その知識を出し惜しみなく、フルパワーで指導致します!

そして、怪我のしにくい体づくりの指導をしながらも、もし怪我をしたとしてもすぐに対応できる環境が整っています。

成長過程の中学生や高校生でも、安心して体を鍛えることができますので、ぜひご相談ください。

トレーニング指導を受けられた中学生のご感想です

特に遠投の距離がすごくのびたと思います

ここで学んだことを高校でも活かしていきたいと思います!!

体の使い方やストレッチの方法などを詳しく教えていただきました。

利用された学生の保護者様のご感想です

基礎的な事を習う事が出来て良かったです。

ティー打撃でもスイング、打球に強さを感じる様になりました!

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

きゃりーぱみゅぱみゅも加圧トレーニングの効果に絶賛!

2018年03月30日(金)

身体が主本のアーティストやモデル、女優たちに加圧トレーニングの効果がクチコミで広がっています!

女性もしっかりとした筋肉をつけることで、美しさを維持し高められることが浸透してきました。

肌にハリやツヤが出てきて化粧のノリが、よくなったという感想はよく聞かれます。

手軽に筋力アップが得られる加圧トレーニングは、健康志向の方々に広まっています。

 

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

次のページへ »

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。