加圧トレーニング

院長のトレーニング日記_20190809

2019年08月19日(月)

適切なトレーニングプログラムを作成するために!

お客様にトレーニング指導をする際、頭の中でプログラムを組みます。

年齢、性別、スポーツ歴、トレーニング歴、目的、目標などすべて頭に入れておきます。

そして、その中から最適な種目を選び出し、適正化していくんですが、実際に自分でもやってみるようにしているんです。

そうすることで思っていたよりも効果がなかったり、キツ過ぎたりといろいろとわかることが多いんです。

動画でやっている脚のトレーニングもお客様と同じトレーニングをやっています。

もちろんお客様とは体型や体重が違いますので、自分の体重などを考慮し、重量や回数を設定してやっています。

この動画では、股関節を中心としたトレーニングにしているんですが、いい感じにハムストリングスや大殿筋に効いています。

でも、慣れてくると少しずつ重量や回数を増やしていくので、だんだんキツなってきて辛くなってきました。。。(T_T)

しかも、今回は膝周りのトレーニングを入れちゃったりしたもんだから2日後の筋肉痛はバッキバキでした。。。

加圧トレーニングでは筋肉痛は出ない???

加圧トレーニングを行う場合は、通常のトレーニングよりも軽い負荷でも効果が出るので基本的に筋肉痛は出ません。

しかし、自分がやるときには筋肉痛が出ないとわかっているので徹底的に追い込みます!

ですから、加圧トレーニングであっても筋肉痛は出ます。

でも、通常のトレーニングで追い込んだよりも断然筋肉痛は少ないので翌日はちゃんと普通通りに生活はできるし、見た目もそんなにつらそうには見えないんですよね~

友だち追加
☝️こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^^)/
最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。

ゴルフスイングの軸がしっかりしてきたので加圧トレーニングを続けなさい!

2019年05月31日(金)

年々体力の衰えを感じ、以前のように飛ばしたいと女性ゴルファーが加圧トレーニングに来られました。

2~3ヶ月くらい経過したところで体力が上がってきたのを感じたそうです。

そして、コースを回っていてもあまり疲れなくなったそうです。

コーチからお褒めの言葉を!(*^▽^*)

そして、最近ではスイングに力強さが出てきて、スイング中の体の軸もしっかりとしてきたとコーチからお褒めの言葉を頂いたそうです。

今までいろいろなトレーニングをしてきたそうですが、コーチからお褒めのお言葉を頂いたのは初めてなんだそうです。

さらに、

『このまま加圧トレーニングを続けなさい!』

と、言われたんだそうです!

股関節の使い方を重視!

今回のトレーニングでは、スイングの力強さやその軸をしっかりとさせることを重視したプログラムにしました。

特に股関節の筋力が最大限に使えるように指導いたしました。

股関節の動きは、とても難しんですが、正しく使えるようになると下半身がしっかりするのでスイングが力強くなるんです。

まだまだ、よくなると思いますので頑張って続けていただければと思います(^▽^)

加圧トレーニングの3つの特長!!

短時間:トレーニング時間が短い!

短期間:やり始めて早く結果が出る!

低負荷:通常の重さよりも軽い重さで効果が出る!

加圧ベルトを装着することで血流を制限し、トレーニングを行います。

これによって上記のような特長があります。

決して楽に出来るものではありませんが、キツイことも短時間であれば我慢できると思います。

そして、軽い負荷で行うために筋肉や関節などを痛める危険性が低いんです!

子供から高齢者、そしてケガの治療や手術後のリハビリまで効果を出すことができます。

爆発的なパワーを生み出すトレーニング!

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

膝の手術後、思うように回復しない膝の痛みに加圧トレーニングでリハビリ!

2019年05月13日(月)

膝の前十字靭帯を断裂して、その再建手術をされた方がリハビリで来られています。

スポーツをしていて相手とぶつかって転んだ時だったり、仕事中に高い所から転落した時などに膝を捻って靭帯(前十字靭帯)を断裂することがあります。

断裂した靭帯を元通りにするには、再建手術を受ける必要があります。
(※詳細は担当医とご相談ください)

その手術では、膝裏の腱を一部切り取って切れた靭帯の代わりにされている方が多いようです。

病院のリハビリ期間では十分ではないんです。。。

術後、入院中に毎日リハビリをして、ある程度日常生活に問題ないくらい回復してから退院するんですが、っ自分が思うような状態にない方もいらっしゃいます。

手術をしていない方と比べると膝は曲がっているし。。。
筋力も戻ってないし。。。
仕事に復帰するにも不安だ。。。

退院後も通院しながらリハビリを続けるんですが、

思うように元の生活には戻れないし。。。
スポーツを再開しようにもしっかり踏ん張ることもできない。。。

病院のリハビリが後半になっても自分のイメージしている状態に戻らないので不安なんだそうです。

加圧トレーニングで患部のリハビリ!

当院では、加圧トレーニングのリハビリコースで術後のリハビリをご利用いただいております。

加圧トレーニングであれば、低負荷でも筋力アップの効果がありますので、負担が少なく回復させることができます。

状態によっては、痛みを緩和させるためにトリガーポイントを使ったオリジナル手技療法(マッサージ療法)を施すこともございます。

自分でうまく運動を続けられない方や、思うように回復されていない方などいらっしゃいましたら、ぜひご相談ください!

加圧トレーニング 治療・リハビリコース

慢性痛とことん治療コース

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

愛媛マラソン完走への道 練習日記_20181114_No.5

2018年11月20日(火)

5回目のランニングとなったこの日は、早く仕事が終わる予定でしたが時間がかかってしまい、帰宅が遅くなりそうでしたので、当ジムのトレッドミルで走りました。

いつも、ウォーミングアップ程度でした走っていませんので、景色の変わらない状態で走るのは辛いものがありました。

一応、スマホでユーチューブを観ながら走っていましたが、アップのウォーキングを含め5キロで断念してしまいました。。。

フルマラソンを完走するためには、ある程度長い距離を走っておかないといけませんので、それに耐えられる足腰を鍛えておかなくてはいけません。

今のところ順調に強くなっていますが、愛媛マラソンまで間に合うかどうかよくわかりませんが、練習を中断しなければならないような痛みが出ないように注意していきたいと思います。

走っているだけなんですが背中や腰が痛いんですよね。。。

まだそんなに走ったわけではないんですが、たくさん走れば当然のことながらふくらはぎや膝、大腿部(もも)にハリや痛みが出てくるのはわかるんです。

でも、走ってみて気が付いたんですが、ふくらはぎや膝だけにダメージが来るのではなく、意外と背中や腰などにハリや痛みがあるんです。。。

ランニングをされている方も当院のメンテナンスコースを受けられていて、その際、全体的に触っていると、大腿部(もも)やふくらはぎは当然のごとく張っていますが、背中や腰が異常に硬くなっている方が多いんです。

本人が気づいている方もいれば、触られて気づく方もいらっしゃいます。

駅伝の選手が、肋骨の疲労骨折で出場できなかったこともいるくらいですから、走っている間姿勢を維持したり、上半身は振動を受けていますので、その負担が背中や腰のハリや痛みになっているんですね。

脚のハリや痛みなどの不調はもちろんのこと、全身の疲労感などが気になる方は、ぜひメンテナンスコースをお試しください!

アスリートプロメンテコース

疲労回復にも加圧トレーニング!

走るだけじゃなくてトレーニングも欠かさず頑張っています。

あまり走る時間が取れないので、特に加圧トレーニングで脚の強化は欠かせません。

さらに、加圧トレーニングであれば強化のみならず、血管拡張により血流がよくなりますので疲労回復を促進させることができます。

疲労が早く回復することで練習量が多くなり、フルマラソンの自己記録更新や過密日程の出場でも効果が出ています。

こちらもぜひお試しください!

加圧トレーニング 治療・リハビリコース

愛媛マラソンの練習を開始⁈ 加圧トレーニングで肉離れ後のリハビリ

2018年10月30日(火)

先週、愛媛マラソンの二次募集に当選し練習を開始している私ですが、練習と言ってもランニングを開始しているわけではありません。

実は、9月のマスターズ甲子園新居浜市内交流試合で右ハムストリングス(モモ裏)の肉離れを起こしてしまいました。。。(´;ω;`)

立ったり、座ったり、歩いたりと日常生活には問題ないくらいだったんですが、その後のマスターズ甲子園中四国大会に出場した際、守備で走った時に再発してしまいました。

攻撃の時の走塁で走れないくらいに悪化してしまったんです。

肉離れの直後でも歩行は問題ないくらいのレベルなので軽度の肉離れだったのですが、走るスポーツをするにはまだ万全ではないことがわかり、リハビリに専念することにしました。

まず、当院スタッフの池西先生に右ハムストリングス(モモ裏)の治療をしてもらい、非常に状態がよくなったので、あとは加圧トレーニングで強化をしました。(下記の動画を参照)

加圧リハビリは、200SKUくらいからはじめマシンの重量も1.25kg!

回数は、30、20、15、10、5の回数で行いました。

これを3日ほどすると違和感が全くなくなり、ランニングマシンで走るのには全く支障はありませんでした。

加圧トレーニングで行うリハビリのメリットは、通常よりも軽い負荷で高回数行ったとしてもパンプアップし、筋肥大効果が十分になるところなんです。

負荷が低い分、損傷部位の負担も少ないのに、しっかりと鍛えられるところがいいんです!

27日の予選リーグまでにスパイクを履いて走ることをしていませんでしたので多少不安はありましたが、当日は伸縮性のテーピングを右ハムストリングスにして出場しました。

9回フル出場でしたが、全く問題なく守備機会もたくさんありましたが、全力で走ることができました。(全力とはいっても46歳のおっさんの走りですのでご了承ください…汗)

で、マラソンの練習は?

まず、試合で9回をフル出場しましたので、脚がパンパンに張っています。

しかも、金属のスパイクを履いているのでいつも以上に脚への負担が大きいんです。

この感覚は5㎞くらいは走った感じなので、脚は鍛えられたと思いますwww

翌日は、筋肉痛であまり動けなかったので脚へのダメージも大きかったので休養日にしました。

昨日は、再度加圧リハビリ(動画参照)を行ったので、走るには万全の状態になりました。

240SKUで、重さは3.75kg!回数もエクステンションが50,25,20、15,10を行い、カールは、2.5kgで同数を行いました。

マラソンの師匠(笑)から、とにかく距離を稼ぐようにとアドバイスをいただきましたので、11月は月間30㎞を目指し走り込みたいと思います。

リハビリは、地味で本当に楽しくないんです。

でも、この地味なリハビリに耐えてこそいつも通りのパフォーマンスができるようになるので、やるしかないんです。

狙った筋肉がしっかりと働くように集中力も必要です。

マラソンの練習もきつそうですが頑張りたいと思います。。。(;^_^A

第57回愛媛マラソン2018!初当選!!(*^▽^*)

2018年10月26日(金)

ついに初当選することができました!

しかも、2次募集での当選です(*^▽^*)

もう5~6年くらい落選していますので、2次募集もいつあるのかもわからず全く気にしていませんでした(;^ω^)

SNSで2次募集の告知があったことを知り、メールをチェックするとなんと当選のになっていたんです!!!

うれしいやら走っていないので心配やらで複雑な気持ちですが、月間3キロしか走っていない男ですので、ここは月間30キロ男になろうと思います(笑)

まずは、完走を目標に自分なりのプログラムで頑張りたいと思います。

あまり、走り込んだりする時間もなさそうなので、加圧トレーニングを盛り込んだランニングプログラムにしたいと思います(^▽^)

今後は、愛媛マラソン完走するぞ!と題して、報告ブログもアップしたいと思います。

マラソンに早く復帰したいと捻挫でギプス固定をされた方が来院されました。 #加圧トレーニング #kaatsu

2018年10月19日(金)

通っていた病院にリハビリがなく途方に暮れていたところに!

先日、大きな足首の捻挫をして膝下から足までのギプス固定を3週間していたという患者様がいらっしゃいました。

そのギプス固定が外れたばかりで、足首の靭帯の痛み、足首の腫れ、関節の硬さなどはまだ残っており、ケガをされた足を引きずりながら歩いたので、松葉杖をお渡ししてもいいくらいの状態でした。

しかし、その病院ではリハビリはないということで途方に暮れていましたが、以前から当院のブログを読んでいて当院でのリハビリのことを思い出し来院されました。

早く趣味のマラソンに早く復帰するのが目標なんです!

本人の希望は、立ち仕事や日常生活も当然のことながら早く正常に戻し、ケガをする前にマラソンをしていたのでそれに早く復帰したいとのことでした。

まずは、問診、視診、触診などで患部の状態を確認し、現状とリハビリプランをご説明いたしました。

痛みをとるために微弱電流治療器エレサスを使って電気治療を行い、足首を支えている筋肉や腱がギプス固定によって硬くなっているので手技療法で柔軟性を回復させます。

通常であれば、この程度の治療でその日に歩行は可能になり、治療回数を重ねるごとに痛みが少なくなっていきます。

加圧トレーニングの特性を活かしリハビリに大活躍!

今回は、早くマラソンに復帰したいということでしたので、状態を診ながら加圧トレーニングで血流を促し、足首のストレッチ、歩行訓練、足首の徒手抵抗運動を行いました。

立ち仕事ということなので痛みの軽減のためにテーピングをし、帰りには痛みは気にならないくらいに軽減し正常な歩行をすることができました。

翌日は、立ち仕事などで踵の痛みが気になるくらいで痛めた足首の痛みはなかったそうです。

ギプス固定などで痛めた足の筋力が戻っていないので、そちらのケアもしながら加圧トレーニングで筋力アップのリハビリも開始しました。

さすがに、一日中立ち仕事をしていると疲れるそうですが、来院後にはずいぶん楽になるそうです。

スポーツの現場では一日も早く復帰させるのが仕事なんです!

当院では、通常の治療プラス特別な微弱電流治療器を使って痛みを取り除き、手技療法や加圧トレーニングで低下した筋力を元に戻します。

これらのテクニックは、ケガで離脱した選手が一日でも早くグランドへ復帰するため、スポーツの現場で培ったテクニックになります。

一日でも早く日常生活やお仕事、スポーツに復帰されたい方はご相談ください。

加圧トレーニング 治療・リハビリコース

当ジムで加圧トレーニングをしている山田洸誓選手の対戦相手が決定!RISE128 2018年11月2日@後楽園ホール

2018年10月09日(火)

11月2日(金)後楽園ホールにて開催される『RISE128』にて、山田洸誓選手の対戦相手が決定いたしました。

前回大会で連続KO記録は途絶えたものの、6戦全勝中の山田洸誓が連続参戦!

ライト級、スーパーライト級の二階級でタイトルを狙う川島史也との対戦が決定しました。

▼スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
川島史也(BattleNation/ライト級5位)
山田洸誓(正道会館 高知/同級3位)

対戦相手のランクが高くなっているからこそ楽しみです!

山田洸誓選手!辛勝の判定勝ち! #RISE #山田洸誓 #キックボクシング

9月16日に行われた6戦目では、同じ階級3位で他団体DEEP☆KICK-65kg級王者の優也選手との対戦でしたので、判定勝ちとかなり苦戦を強いられたようです。

今回の対戦は、1ヶ月半後になり調整期間が短くはなりましたが、前回の反省点を活かし、すでに強化合宿に入りました。

第7戦目となる川島史也選手もかなりの強敵ですが、KO勝ちをしてほしいと思います!

ライズ5戦5勝5KOの山田洸誓選手にインタビューを致しました! by スペシャリストリサーチ

サッカー選手にもウエイトトレーニングが必要な時代に!

2018年09月24日(月)

基本的なウエイトトレーニングで基礎体力をアップさせることは、どのスポーツにおいても必要なことなんです。

パフォーマンスをアップするには、基礎筋力がしっかりあってそれを基に競技別の専門筋力を高めていき、最終的には技術力の向上となります。

いくら技術力が高くてもスピードとパワーが劣れば、高いパフォーマンスを発揮することもできませんし、

最終的に技術を高めるためにも、基礎筋力が乏しいと競技の専門筋力や技術は頭打ちになります。

小俣よしのぶ先生のフェイスブックページより

欧州サッカーのトッププレーヤーの身体形態的特徴は、ほぼアメリカンフットボールのセカンダリーやラグビーのバックスに近づきつつあると感じる。

身体形態・体力要素がスキルを構成する前提要素であるため、そう考えると今後、サッカーのトレーニングにアメリカンフットボールやラグビーのフィジカルとスキルトレーニングを応用することもあり得ると考えているのだ。

言い換えると、そのような方向性に進まないとサッカーは進化しないと考える。

問題はサッカー関係者の固定概念だ。

他の競技から学ぼうと言う合理的で柔軟な思想を持っているかが問題となるだろう。

 

ラグビーワールドカップ南アフリカ戦!奇跡の勝利とも言われたあの一戦!

五郎丸選手はあの試合はどう思われましたか?

必然の勝利ですね!

ラグビーに奇跡はないんです!

世界一タフな練習をするだけあって普通に試合ができました!

動きとかっていうのは変わりました?

身体は大きくなりましたけど、走力は変わらなかったですね。

スピードは?

変わらなかったです!

やっぱり、フィジカルから逃げてしまうと、どうしても戦えないですよね。

ラグビーもサッカーもそうだと思いますけど、日本人は小さいからという考えを捨てないとダメですよね。

しっかりと栄養を摂取して、いいトレーニングをしていけば身体は必ず大きくなります。

こんどう接骨院併設加圧スタジオサムでは、アスリートに必要な基礎的なウエイトトレーニングを中学生から指導しています。

アスリートのウエイトトレーニングはただ単に筋力アップや筋肉をつけるのではなく、正しいフォームを習得することで効率のいい関節の使い方が身に付きます。

それにより運動機能が高まりパフォーマンスが高まります。そして、ウエイトトレーニングの筋力アップでケガの予防にもつながります

ウエイトトレーニングのフォーム習得では、軽い負荷で実施するためケガの心配がありません

さらに、加圧トレーニングの種目もありますので、通常行う軽い負荷でのトレーニングよりも筋力アップが可能です。

早い時期から始めることにより他の選手と差をつけることができますので、ぜひお試しください。

加圧会員募集中!
学生・アスリートトレーニングコース
詳しくはこちらへ!

 

加圧トレーニングを取り入れているチームのご紹介 ~準備中~

http://kondo-sekkotuin.jp/4723

 

友だち追加
こんどう接骨院のライン@に登録していただくと、最新情報や院長のブログをお知らせ致します。
登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

RISE122 山田洸誓選手 第3戦の勝利インタビュー #RISE #キックボクシング

2018年09月21日(金)

2018年2月8日に行われたRISE122 緒方惇選手(チーム緒方)との第3戦目です。

勝利インタビュー

蹴りが自分の距離で入っていたので、今、自分の距離でいい感じでペースをつかめているなと思ったんで

まあ、チャンスがあればパンチで入っていこうかなという感じです。

パンチの強化を大阪の正道会館の総本部で練習をさせてもらって、いいパンチを打てるようになってきたんで

もっと蹴りからのコンビネーションとか、パンチからの蹴りにつないでいくコンビネーションとか、いろんなバリエーションを増やしていきたいと思っています。

さらに強化していなければいけない自分の課題としてあげるとしたら何でしょうか?

そうですね。やっぱりまだ焦りがあるので、もっと落ち着いていろんな技を!

ほんとに毎回言ってるんですが、蹴り技をもっと出していきたいですね。

自分の地元が愛媛で、その遠い地元からもたくさんの方が応援に来てくださっていて

その皆様や、高知から先生や家族が自分のことをサポートをしてもらっています。

その周りの方々のためにもがんばっていきたいと思います。

応援ありがとうございます。

<山田洸誓 VS 緒方惇> 

RISE 122 スーパーライト級(-65kg)キックボクシング2017.2.4

次のページへ »

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。