山田洸誓

山田洸誓選手インタビュー

2018年06月21日(木)

第14回ウエイト制オープントーナメント
全日本空手道選手権大会2016 軽量級決勝戦 優勝!
2016年9月4日 場所:エディオンアリーナ大阪

決勝戦では、強豪の福地勇人選手(白蓮会館)との対戦でしたがいかがでしたか?

そうですね。
やる前からネームバリューのある選手ですから、決勝までの僕以外の選手の対戦を見てやっぱり「上手いな」とか「強いな」と思う部分がありました。

でも、僕にしかできない技だったり、距離感だったり、そういうのは自信がありました。

しかも、体格差では劣っているんですけれども、それを埋めるだけの「距離の作り方」とかを福地選手と対戦した時は特に意識しました。

それが一番大きな勝因だったと思います。

かなり身長差があって彼は185センチぐらいですかね?

そんなにないですよ!180ぐらいですね。(笑)
身長差は10センチくらいじゃないですかね。

彼の得意技は上段の膝蹴りだったと思いますが、それに対してはどんな対策をとったんですか?

そうですね。
膝蹴りも得意なんでしょうけど、皆さんもそこには注目されているんだと思います。

でも、実際は「パンチが上手いな」と対戦前から僕は思っていました。

パンチがあるから膝蹴りが当たる!そういう仕掛けがあったと思います。

膝蹴りに気を取られてパンチでやられたり、パンチで気を取られて膝蹴りでやられたり、とそういうパターンで相手を崩して倒すんだと思っていました。

そのあたりの対策はどうされたんですか?

そうですね。
そこはキックボクシングの試合や、アマチュアでK2の試合に出場した経験が活きたんじゃないかなと思います。

福地選手との対戦は、ロングレンジやショートレンジでやるんではなく、ミドルレンジがポイントだと思っていました。

ミドルレンジというのは相手との中間距離なんですが、自分は手も足も短くて身長差がありましたから、福地選手とは中間距離で戦えばいけるんじゃないかと思っていました。

そして、それがうまく自分の距離感で戦えたんじゃないかと思います。はい。

試合は本戦では決まらず延長戦になりましたが?

そうですね。
自分の中ではしんどい試合ではありましたが、
一回戦目から準決勝までの動きより、福地選手と対戦した時の動きが「一番キレてるな」と感じました。

決勝戦が一番良いパフォーマンスで出来たんじゃないかと思います。

でないと、あんな強豪選手には本戦で負けていますよ。

一回戦からいいパフォーマンスを出すことは、ほんとに難しんです。

なので、いつものように試合を重ねるごとに調子も上がってきましたし、集中力も高まってきたんだと思います。はい。

強豪選手と戦って延長戦になりました。
その日一番のパフォーマンスで引き分けまでもつれましたが、最後はどうでしたか?

そうですね。
引き分けっていうのが自分では納得はしていませんし、自分はまだまだ修行が足りないな、とも感じました。

でも、どこの会館に行っても、どこの試合に行ってもやることは一緒だと思いますし、勝ちは勝ちだとも思っています。

白蓮会館さんは、極真会館さん、新極真会館さんなどの試合に出場したりして色んな大会に出ているので試合経験も豊富なんです。

正道会館の人間よりは、色々なところで様々な選手と戦っているので、その経験が白蓮会館さんの強みだと思います。

なるほど、実際、色んな大会出るということは同じ空手でもルールが多少違うし、そこで勝っていくことで精神的にも技術的にも鍛えられますね。

その経験豊富で実績もある福地選手に引き分けまで持ち込みました。

延長でも決着がつかず引き分けとなり、瓦割りでの勝負になりましたが、自信はあったんですか?


全体重をヒジに乗せて瓦を叩き割る山田選手→拡大写真
格闘技をenjoyする情報サイト『イーファイト』

いや、実はやったことないですよ(笑)初めての瓦割りでした。

福地選手は何回かやられてるのは知ってましたので、すごい緊張しましたね!

普通に戦う時よりも瓦割りの方が一番緊張しました(笑)

本当に初めてだったので、角田さんをはじめとする正道会館の師範の方が僕の方に来てくれて、手取り足取り教えてくれたんです(笑)

これぞ正道と白蓮の対決みたいな感じになったので、逆に面白かったです(笑)。

それが最後の勝利の雄たけびというか喜びが出たんですね(笑)


喜びを爆発させる山田選手→拡大写真
格闘技をenjoyする情報サイト『イーファイト』

さて、最後に今回の全日本空手道選手権大会は山田洸誓選手にとってどういう大会だったんですか?

小さい頃から全日本チャンピオンになることが夢だったんです。
なので、本当に勝ちたかったんです。

それを叶える事が出来たので、今は本当にうれしいですね。

正道会館で四国からの全日本チャンピオンはいなかったので、地方選手でもやれるんだぞ!というのを見せれたのは良かったですね。

今後、四国の若い人たち、子供たちが全国に向けて頑張っていくという意味では非常に良い見本になりましたね。

山田選手も道場で子供たちの指導をされているので、教えてもらう先生がそれだけの実績があれば子供たちも一生懸命ついてきてくれますし、実になりますよね。

そうですね。
自分も信頼を置ける実績のある先生方と出会えて、ここまで強くなれましたし、どうせ教えてもらうなら、そういう実績のある指導者になりたかったのでいい結果が出せてよかったと思います。

山田選手もそういった方々に教わって今があって、それをまた下に教えていくということですね。

はい、そうですね。ほんとに人との出会いに感謝してますね。

今日は、お忙しい中ありがとうございました。

山田洸誓選手のトレーニングをご紹介!

2018年06月21日(木)

格闘家 山田洸誓選手のウエイトトレーニングをご紹介いたします。

今までは、加圧トレーニングを中心に基礎的な筋力をアップに取り組んでいました。

今は十分に全国でも戦える筋力をつけることができました。

さらに筋力アップ、パフォーマンスアップを狙い大きい筋肉、多関節を中心とした高重量のウエイトトレーニングも取り入れています。

空手は、スピードとパワーも必要なんですが、筋持久力も非常に必要なんです。

勝ち進めば一日に何度も試合があり、その試合中も一発一撃で終わらず、ずっと殴り合っていることもあります。

ですから、準決勝や決勝戦まで行くと疲労困憊になっているんです。

 

 

股関節の使い方をよくしてスピードとパワーを高める! #山田洸誓 #加圧トレーニング

2018年06月09日(土)

下半身の力を最大限に発揮するためには、股関節の使い方が重要になってきます。

一般的には膝の曲げ伸ばしが、脚力だと思われていますがそうではないんです。

股関節を使わなければならないことが、わかっていてもちゃんと使えている人はあまりいません。

膝周りの筋肉よりも股関節の方がハムストリングス(モモ裏)やお尻など大きな筋肉があり、それらを優先的に使うことでジャンプ力やダッシュ力が高まります。

アスリートがトレーニングすることと、ボディービルダーが体を作ることの違いはここにあります。

ウエイトトレーニングをすることは、身体を大きく強くすることだと思っている人が多くいらっしゃいます。

しかし、ただ単に身体を大きくするトレーニングではなく、身体能力を合わせて向上させることが、アスリートにトレーニングを指導する上では重要になってきます。

ですから、説明が理解できる中学生くらいからウエイトトレーニングを始めても問題はないんです(^▽^)

中学生に対するトレーニング指導

こんどう接骨院 併設加圧スタジオ サムでは、中学生を対象に正しい体の使い方やケガをしにくい身体作りをするためのウエイトトレーニングを指導しています。

中学生でも安全にトレーニングが出来るように、低負荷で筋力アップができる加圧トレーニングを取り入れているので安心して取り組めます。

そして、多くのトレーニング種目を行う事で、全身の筋力アップを図り、偏った筋力をつけないようにも気をつけています。

加圧会員募集中!
学生・アスリートトレーニングコース
詳しくはこちらへ!

 

友だち追加
こんどう接骨院のライン@に登録していただくと、最新情報や院長のブログをお知らせ致します。
登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

RISE 124 PVで連続KO記録更新中の山田洸誓選手が紹介されています!

2018年06月07日(木)

RISE 124のPVに山田洸誓選手が紹介されているんですが、

PVの再生回数がすごいんです!

他のPVよりも圧倒的に多い再生回数!

現時点でなんと! 6,325回! Σ(・ω・ノ)ノ!

 

再生1,901回←6月7日

再生932回←6月7日

デビュー戦勝利! 山田洸誓選手の試合後のインタビュー【RISE 116】2017.3.5 

2018年06月06日(水)

凄い試合でしたね。

ありがとうございます!

押忍!

デビュー戦としては上出来ですね

あっそうですか(^▽^)

自分の中では、もっと技を出しつつ って思てたんですが、

かなり接近戦になって、パンチがうまく当たって良かったと思います。

身長も体つきも、全然小さい方なんですけれども

パワーには自信があったので、十分やれると思ってました。

押忍!

順調にまず白星一つに手に入れました。この後どうしますか?

そうですね。

空手の方が本業になるんですけど、

二刀流としてできるなら頑張って、

やって行きたいと思います。

押忍!

おめでとうございます!

押忍!

ありがとうございます。

 

<山田洸誓 VS 田村亮太朗> 

RISE 116 スーパーライト級(-65kg)キックボクシング2017.3.5

次の大会の準備をする山田選手! #山田洸誓 #ヘックスバー #デッドリフト

2018年03月07日(水)

Dead lift . . . #deadlift #hexbar #加圧 #目指せ200キロ

Kさん(@kosei1104)がシェアした投稿 –

2月4日のライズは、KO勝ちで4戦4連勝とまた勝ち星一つ増やしました爆  笑


余韻に浸る間もなく、気持ちを切り替え5月に予定されている大会に向け準備を始める山田選手ですニヤリ

今回は久しぶりにヘックスバーを使い、高重量のデッドリフトを行いました口笛


加圧トレーニングは、他のトレーニング種目を組み合わせることで加圧トレーニングの効果を得ることができます。


加圧トレーニングの直前や直後に行われた運動で使われた筋肉にも、その筋肥大・筋力アップの効果が出るんです。


それは、『効果転移』と言われるもので、加圧トレーニングが腕や脚だけでなく全身にも効果があり、それは研究により確認されています。


今年は、下半身の筋力アップをテーマに加圧トレーニングと他のトレーニング種目を織り交ぜながらレベルアップをしてもらいたいと考えています。

 

ちなみに、体調不良でお休みしていたトレーニングを再開しました。

随分体力が低下しているので、またコツコツと上げていきたいと思います笑い泣き

 

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

【市長表敬訪問】山田洸誓選手の優勝報告に同行させていただきました!第36回全日本空手道選手権2017優勝!

2017年11月28日(火)

  

今日は、正道会館で一番大きい大会である全日本空手道選手権大会軽量級で優勝された山田洸誓選手の優勝報告に同行させていただきました。

昨年も優勝し、2連覇を達成しましたので市長表敬訪問は今回で2回目となります。

昨年の大会名は、第14回ウエイト制オープントーナメントとありましたが、今年からはそれがなくなり、第36回全日本空手道選手権大会とシンプルになりました。

大会名はシンプルになりましたが、正道会館の会長が石井館長になられましたので、大会エントリー数は800名だったり、トロフィーがこんなに大きかったりとかなりド派手になりました(笑)


 左:石川勝行市長 中央:山田洸誓選手

山田洸誓選手は、約4年前から当施設で加圧トレーニング始めました。最初は線も細く小さい選手でしたが、持ち前の頑張りでメキメキと頭角を現し全国レベルまで達しました。

現在は、加圧トレーニングで鍛えた筋力をスピードやパワーにつなげるトレーニングを取り入れたり、関節や体の動きが正しく動けるようなトレーニングに少しずつシフトしています。

まずは、ベースとなる筋力アップを付け、それをパフォーマンスにつながるトレーニングへというイメージです。

今回の表敬訪問は、2回目ということで市長やスポーツ振興課の方と加圧トレーニングのことについて詳しくお話しすることができました。

新居浜市は、スポーツが非常に盛んな市なので加圧トレーニングやトレーナーとして、協力してほしいとのお話を市長からいただきましたので、その際には精一杯頑張りたいと思います。

友だち追加
こんどう接骨院のライン@に登録していただくと、最新情報や院長のブログをお知らせ致します。
登録をよろしくお願い致します(^▽^)/


加圧会員募集中!

学生・アスリートトレーニングコース
詳しくはこちらへ!

 

プロソフトボール選手として活躍している 合田智子選手!

2017年11月22日(水)

オランダやオーストラリアでプロソフトボール選手として活躍している 合田智子選手!

オフシーズンでも、高校時代から続けているトレーニングを積極的にされています。

長く続けられているのは、コツコツとトレーニングをしているおかげと話されていました。

この日は、膝の痛みがあるということでしたので加圧ベルトを巻いて軽いジョギングをしながらウォーミングアップをしてもらいました。

すると、痛みが徐々になくなりその後のトレーニングも普通にすることができたと喜んでいただけました。

加圧トレーニングをすると血流がよくなりますので、除痛効果もあると言われています。最近では、トレーニングだけでなく疲労回復にも加圧トレーニングを使っているチームもあり、好評だと聞いています。

ちょうど、空手の山田洸誓選手が加圧トレーニングの日だったので、合同トレーニングデーとなりました。

合田選手は今、オーストラリアへ渡りシーズン前の調整でトレーニングを積んでいます。

年末には帰国されるということで、また来てくれることになりました。その際は、みっちりと加圧トレーニングをして、素晴らしい活躍を楽しみにしています😊

 

合田智子選手の活動はフェイスブックページでご覧になれます!

https://www.facebook.com/tomoko.goda.baseball/

友だち追加
こんどう接骨院のライン@に登録していただくと、最新情報や院長のブログをお知らせ致します。
登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

立ち技格闘技ライズに出場し2ラウンドKO勝ち!

2017年10月12日(木)

9月10日に行われた第36回正道会館全日本空手道選手権大会2017の2連覇に引き続き、1ケ月後の立ち技格闘技ライズに出場した山田洸誓選手は2ラウンドKO勝ちされました。

これでライズは3戦連勝!!

 

RISE 120

Kさん(@kosei1104)がシェアした投稿 –

この試合では自分のイメージ通りの戦い方ができ、いい試合だったとのこと。

ローキックで相手の動きを止めつつ最後はパンチでKO勝ち!

動画で見せてもらいましたがキックが速すぎてあまりわかりませんでした。でも、蹴る方も痛いそうで、山田洸誓選手もふつうに捻挫していました(^^;

だって、膝の上あたりを蹴るんですから相手の膝小僧も蹴りますよね。。。(^^;

 

勝ってよかったですが、大けがをしなくてよかったです(^▽^)

 

山田洸誓選手が取り組む加圧トレーニングについてはこちらへ

友だち追加
こんどう接骨院のライン@に登録していただくと、最新情報や院長のブログをお知らせ致します。
登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

2連覇達成!山田洸誓選手!第36回全日本空手道選手権大会2017

2017年09月27日(水)

こんどう接骨院 併設 加圧スタジオ サムにて加圧トレーニングをしている山田洸誓選手が、第36回全日本空手道選手権大会2017の軽量級で出場!

見事優勝し2連覇を達成されました。

 

おめでとうございます!

 

毎週火曜日に加圧トレーニングに来られているので、その時に優勝報告をしてくれました。

今回は石井館長が戻ってきたこともあり、トロフィーやらメダルやらがやたらとでかく派手になっていました(笑)

 

さて、前回はチャレンジャーとして勢いで挑んだ山田選手でしたが、今回はディフェンディングチャンピオンとしての出場でしたのでかなりのプレッシャーがかかる大会でした。

しかし、そのプレッシャーをものともせず優勝し、2連覇達成!!

 

身体づくりの方は、もうすでにベースの筋力は出来上がっているので、足りないところや新しい試みを丁寧にやってきました。

結果的に2連覇は達成しましたが、身体づくりはまだまだやり残しているところがありますので、継続していればもっと強くなれると思います。

若くてモチベーションの高い選手に関われると、こちら気合いが入ってきますね~(^▽^)/

 

試合の様子はこちらからご覧になれます。

 

加圧会員募集中!
学生・アスリートトレーニングコース
詳しくはこちらへ!

加圧トレーニングで実力を発揮してきた山田洸誓選手!

山田洸誓選手!全日本空手道選手権2016 優勝\(^_^)/

第14回ウェイト制オープントーナメント全日本空手道選手権大会 軽量級決勝戦 山田vs福地 2016.9.4 大阪府立体育館第一競技場

次のページへ »

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。