愛媛マラソンに出るぞ!

ランナーに多い膝の痛み ~鵞足炎について~

2018年08月04日(土)

鵞足炎とは?

膝の内側に痛みが出る障害で、過度のランニングや繰り返しジャンプを行うようなスポーツでも起こります。

大腿部(モモの内側)にある縫工筋、薄筋、半腱様筋が膝下の脛骨(すね)に付着していて、その形が鳥の足の形に似ていることから鵞足(がそく)と名付けられました。

原因は?

膝の曲げ伸ばしを繰り返し行った際、鵞足が脛骨の上端とこすれあい痛みを生じます。

・ランニングで後ろに蹴りだす動作。
・サッカーボールを強く蹴った時にその脚を減速する時
・ウォーミングアップ不足
・急になれない長距離を走った
・X脚や回内足などの骨格異常
・シューズ、路面などの練習場所の問題

治療は?

当院では、患部には微弱電流治療器エレサスを使い痛みを軽減させます。

その他、鵞足に付着している縫工筋、薄筋、半腱様筋などの筋の緊張を取ります。

予防法は?

運動前後のストレッチや筋膜リリースなどは、セルフケアとして大切です。

左右のバランスや筋力などをチェックし、バランスを整えます。

時間はかかりますが、脚の運びなども重要です。

 

痛みが改善されない方は、ぜひお早めにご相談ください。

 

過去のブログも参考にご覧になってください

走っている時は痛くないのですが。。。 セミナー質問コーナー

友だち追加
最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせいたします。
こんどう接骨院のライン@に登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

マラソンセミナーで肩甲骨と股関節を使って早く走れるコツをお話します!@ゴールドジム新居浜愛媛

2018年04月27日(金)

今年は、肩甲骨と股関節を上手に使って早く走れるコツをお話しします。

接骨院では時間の制限がありますので多くは話せないんですが、セミナーでは実技時間を多くし、身体で体感していただきながらご説明いたします。

ぜひ、多くの方にご参加いただければと思います。

詳しくはゴールドジム新居浜愛媛のフロントでお願い致します。

愛媛マラソンでマグネシウムローションを使われた方のご感想です

2018年04月17日(火)

第56回愛媛マラソンに参加してきました。
スタート時の気温1℃という極寒の中での開催(>_<)
それでも前半は、気温が低いながらも快晴だった為、快調なレース展開

しかし後半!!

気温が低い事に加え、向かい風の強風(>_<)
体がドンドン冷えきって、手足の感覚も麻痺。
そんな悪条件の中、足が攣って止まってしまう方、歩いてしまうランナーさんが続出(>_<)

でも私は、天気予報から悪条件だという事は分かっていたので、

『もしかしたら寒さで足の感覚がなくなり、攣ってしまうかも!!』

と予想し、朝からマグネシウムローションをしっかり塗り込んで準備!!(^ー^)

さすがに少しだけペースダウンはしましたが、最後まで足が攣る事もなく、むしろ、ラストは余力が残っていた状態で走れ、ペースダウンした分を取り戻して自己ベスト更新!!(^ー^)v

先生に宣言したタイム、ピッタリでゴール出来ました!!

日頃の加圧トレーニングのおかげで筋肉痛もなく、あの悪条件の中、私にしては上出来のレースだったと思います(*^▽^)/★*☆♪

いつも的確なアドバイスをしてくださる先生と、今回は、マグネシウムローションに感謝、感謝でした!!(≧∇≦)

 

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

足腰のメンテナンスと同時に、むち打ち症の治療も一緒にしていただいてます

2018年04月05日(木)

新居浜市 Hさん(40歳代 女性) 趣味:マラソン

私は2年程前からマラソンを始めました。

ケガの予防、疲労回復、そして先生にアドバイスなどをしていただく為に、こんどう接骨院で定期的にアスリートプロメンテナンスコースをしてもらっています。

もう10年以上も前に、交通事故に遭い、いわゆるむち打ち症になりました。

その当時は、そのむち打ち症の治療のために整形外科にずいぶん通いましたが、思うように痛みが取れず、症状固定という形で治療は打ち切られました。

当時に比べると、時間が経過していますので痛みの程度は良くはなったものの…

調子が良い時もあるのですが、天候によっては辛い日も多く、雨が降る前に気圧が変わると、首や肩、ひどい時には顎から頭まで何とも言えない不快感と痛みが出るんです…

 

ある時、先生に『先生~、実は私…ムチウチの後遺症があって、けっこう辛いんですけど…』と打ち明けると…

『えーーー!! もっと早く言ってくれたら良かったのに』

そ、そうですよね(^_^;)

と、今さらの告白に先生も驚いてましたが(^_^;)

聞くと、先生の得意分野との事(^.^)


その日から足腰のメンテナンスと同時に、むち打ち症の治療も一緒にしていただいてます。

ほんの数回の施術でかなり楽になり、ほとんど気にならなくなりました!

先日、仕事中に雨が降っていたので、ふと思い出したのですが、むち打ち症の症状がなくなってました(≧∇≦)

すっかり忘れてたぐらいです(^_^;)

あんなに何年も辛かったのは何だったんだ~!!

とビックリするやら…笑えるやら…で

こんな事ならもっと早く言えば良かった(≧∇≦)

そして最初から整形外科ではなく、先生に治療してもらえば良かった!!

と思いましたが、残念ながら事故当時はまだ開院されていなかったとの事(^.^)

でも何年も経っている事故の後遺症でもしっかり治していただけて、辛かった期間が長かっただけに、先生には本当に感謝しています。

これからも引き続き、足腰のメンテナンスもしっかりお任せしたいと思います。

 

※あくまでも個人の感想です。

慢性症状に関しては、『慢性痛とことん治療コース』にて対応致しておりますので、ぜひご相談ください。

 

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

ランナーに多い膝の痛み 腸脛靭帯炎について

2018年03月31日(土)

ランナーの方に多い膝の痛みとして腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)があります。

主な原因はオーバーワークによって引き起こされますが、O脚、シューズ、路面の傾斜だったりといろいろと原因はあります。

腸脛靭帯の解剖

腸脛靭帯はモモの横にあるもので、骨盤から膝下の脛骨まで繋がっています。
(上は横向の図で白くなっているところ)

その靭帯が、大腿骨の外側顆という骨の出っ張りにこすれあって炎症を引き起こします。

靭帯が切れていたりしているわけではないんですが、酷くなると痛みは尋常ではありません。

腸脛靭帯炎のメカニズム

膝を約20~30度くらい曲げたところでこすれあうので、ちょうど走っている膝の角度になります。

膝をまっすぐに伸ばしたり、しゃがみ込むと痛くはありません。

膝を軽く曲げ伸ばしをしたときに痛みを感じます。

治療に来られる方にどんな時に痛みを強く感じるのかお聞きすると、夜寝ているときに寝返りをたり、車から乗り降りするときなどに痛みを強く感じるそうです。

走る場所にも注意が必要です

競技場など平坦なところで走る場合は問題ありませんが、普通は道路や歩道を走ると思います。

道路は雨水を流すために傾斜がついていますので、いつも同じ方向ばかり走っていると、下っている脚の方に常に体重がかかりますので、それが原因となり痛みが出てしまうんです。

その他、O脚など脚の外側にかかるような形状の方やシューズの外側が異常に早く擦り減ってしまう方も注意が必要です。

治療方法

当院の治療は、柔軟性が低下している筋肉や筋膜、特に外側の筋肉を中心に緩めつつ、特に痛みが強い膝の外側に関しては、微弱電流治療器を使い痛みをとっていきます。

過去のブログも参考にご覧ください。

腸脛靭帯炎には微弱電流治療器が効果的です!

 

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

フルマラソンを走るためにアスリートプロメンテコースを定期的に受けられている方のご感想です

2018年02月14日(水)

新居浜市 Hさん(40歳代 女性) 趣味:マラソン

フルマラソンのダメージって想像以上なんです

愛媛マラソンは、怪我もなく無事に走りきる事が出来ましたが、
私は1ヵ月後に名古屋ウイメンズマラソンを控えている為、愛媛マラソンの疲労・ダメージを抜きながら、練習もしないといけません。

フルマラソンを走った足のダメージというのは、筋肉痛も少なく特に怪我などしていない場合でも、自分の思っている以上大きいんです。

それに関して苦い経験があります。。。

 

2年前の愛媛マラソンが、私のマラソンデビューでした。

人生初マラソンは、想像以上にしんどかったけど何とか完走!!

しかし、運動が苦手で超初心者ランナーの私は何も考えず、無謀にも2ヶ月後にとくしまマラソンのエントリーをしてしまっていた為、休む間もなく練習開始。

すると、右足の膝の外側に違和感を感じ始め、しかもドンドン酷くなる。
しまいには歩いても痛みが出るようになり、練習どころではなくなってしまいました。

痛みで大会出場は絶望的でしたが治療に専念し何とか完走!

練習を休んでみても回復しそうになく、気持ちは焦るばかり。
そんな時、友達が『スポーツ整体みたいなとこ探して行ってみたら?』

と言ってくれた為、いろいろ調べて『こんどう接骨院』に駆け込みました。

今の膝の状態では大会出場も絶望的なのはわかっていましたが、先生にとくしまマラソンを控えている事を説明しアドバイスを求めました。

すると、先生は『まずは痛みがない状態にしないとフルマラソンは走れない』との事でしたので、私は走るのをやめて、できる限り治療に専念しました。

その結果、少しずつ快方に向かい、奇跡的に本番3日前に痛みが取れた為、とくしまマラソン出場を決意!!

でも結果は…  散々でした。。。

膝の痛みは最後まで全く出ませんでしたが、練習不足がたたり筋肉の痛みがものすごく、歩いたり走ったりを繰り返してしまいました。

それでも最後は泣きながら何とかゴールすることができたんです(*^▽^*)

日頃のメンテナンスの大切さを痛感!

その後も、筋肉の痛みを取ってもらう為に治療に通いました。

『あの時、走れなくなる前にもっと早く先生のところに行っていれば、もっと早く治り、練習出来ていたのに。。。』

と、悔やまれるばかり(>_<)

その事を先生に伝えると、メンテナンスの大切さ!を教えていただきました。

 

『故障して痛くなってからでは、ダメージが大きい為、治療の期間も長くかかるし、その間は練習もできませんよ!』

しかし、痛くなる前、それ以前の段階で、定期的にメンテナンスをしていただいていたら…

常に疲労がリセット出来るし、疲労が溜まっていない為、ケガの予防にもつながります。

そして、たくさん練習もできるのでパフォーマンスもアップできます!

 

私自身も先生に早い段階で不調を見つけてもらえるので、もし不調があったとしても早く治るし、安心して練習に取り組めます!

その事を教えていただいてから、私はずっと、小まめにメンテナンスをしていただいてます。

だって…もうあんな辛い思いをしたくないですから。

怪我をしてからでは遅い!!

という事を自分自身が実感していますし、2度と後悔はしたくありません。

自分でも気づかないカラダの状態やその改善策を教えてくれるんです

実際、定期的に通っていると、常に自分の状態を先生に把握してもらえるので、自分では気付かないような不調でも、先生は気付いてくださり

『だいぶ疲労が溜まってるようですから、思いきって3日くらい走るのお休みした方がいいですよ』などアドバイスをしてもらえます。

疲労は、少しずつ溜まっていくので、なかなか自分では気付かない事が多いんですよね。

本当に溜まってからでは遅いので、そういう時は先生に言われた通りしっかり休足するようにしています。

定期的にメンテナンスをしていただいていると、安心感があり、しっかり練習出来るようになりました。

私の日々の練習スケジュール

私は毎週水曜日に診ていただいているので、日曜日は比較的長い距離を走ります。

そして、月曜と火曜は距離は短くてもハイペースでの練習!

『もし足がキンキンになっても、水曜日に先生に診てもらえるから大丈夫!』と、安心してガンガン走れます!(^ー^)v

おかげで、2年前に膝を怪我して以来、たいした怪我もなく、もう8回もフルマラソンを完走しました!!(≧∇≦)

2年間に治していただいた膝も、しっかり治していただいた為、あれから1度も痛む事はありません。

先生は治療だけでなくメンタルまで支えてくれるんです!

とはいえ、マラソンはやっぱり激しいスポーツ!
練習は夜が多いので、道路の窪みに足を取られて軽い捻挫をしてみたり…
大会本番中でも思わぬアクシデントで足にダメージを受けたり…
もちろん先生がちゃんと治してくれます!

もし、それが大会直前とかだったりしたら、私はショックで不安になり、絶望的にもなり『棄権』という文字さえ頭に浮かんでしまうのです。。。

そういう時、先生は、必ず『大丈夫!!』と言ってくださいます。

『大丈夫ですよ』
『大丈夫、絶対治ります』
『大丈夫、絶対走れます』
その言葉がどんなに嬉しくて、どんなに心強いか。

体の不調だけでなく、先生はメンタルまで支えてくださいます。
そして、必ず先生が言った通りになります。
どんなに絶望的な状況でも必ず走れるようにしてくれます。

先生はどんなことでもしっかり的確にアドバイスをしてくれます。

最近では、シューズの事や、練習内容、本番前の調整の仕方、時には体重管理の事まで相談にのっていただいてます。

先生は数多くのスポーツ選手を見ているので知識も経験も豊富なんです!

でも、最初から信頼していた訳ではなくて(笑)
最初は、『先生はランナーじゃないし~』と、先生の話を何となくでしか聞いていませんでした(^.^)

それでも、定期的にメンテナンスに通っていると、それだけ会話も増え、自分の事も分かってもらえるようになり、質問やアドバイスを繰り返しているうちに、心から信頼できるようになりました。

先生はランナーではありませんが、接骨院の先生として、スポーツトレーナーとして、数多くのプロスポーツ選手やアスリート級の一般ランナーさんを診てこられているので、知識も経験も豊富!

数多くのランナーさんから得た知識で、私に一番合ったアドバイスをしてくれます。
そんな先生を、今では心から信頼、尊敬、そして感謝しています。

先生のアドバイスでサブフォーも届きそうなところまで来ました!

先生による定期的なメンテナンスがなければ、故障が怖くて、毎月こんなにガンガン走れません。

そして、今回の悪条件の愛媛マラソンで自己ベストを更新出来る事もなかったと思います。

運動が大の苦手だった私が、たった2年でサブ4に手が届きそうなところまで来れたのも、先生がいてくださってるおかげだと思います。

これからもしっかりメンテナンスをしていただいて、出来るだけ長く楽しくマラソンを続けていけたらなぁ~と思っています。

まずは名古屋ウイメンズマラソン!!

楽しんで完走したいと思います!!(^ー^)v 

※あくまでも個人の感想です。

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

嬉しい報告をしてくださいました(*^▽^*) ~マラソン大会部門別で優勝された方より~

2018年02月02日(金)

先日、アスリートプロメンテコースの方が再度来院され、松山で行われたマラソン大会で部門別の優勝することができたと嬉しい報告がありました!

次は愛媛マラソンにも出場するということで前回同様に、「ももうらの張りが気になる。」ということで調整に来られました。

また、自己ベスト更新などいい成績が出るように渾身の治療をさせていただきました!

また良い報告をお待ちしてまーす(^◯^)

愛媛マラソンに出場する皆さんも頑張ってください!!!

友だち追加
こんどう接骨院のライン@に登録していただくと、最新情報や院長のブログをお知らせ致します。
登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

脚攣り予防にマグネシウムローション!#疲労回復 #脚攣り

2018年02月01日(木)

愛媛マラソンもまじかに迫ってまいりました。

皆さん!コンディションは万全でしょうか?

好評をいただいておりますマグネシウムローションは、脚攣り予防や疲労回復などに絶大な効果をもたらします。

詳しくは、過去の記事をご覧になってください!

友だち追加
こんどう接骨院のライン@に登録していただくと、最新情報や院長のブログをお知らせ致します。
登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

スポーツ雑誌に掲載!脚つり予防に!マグネシウムローション!

脚の攣りに!疲労回復に!筋肉痛の緩和に!マグネシウムローション!

疲労回復に!筋肉痛の緩和に!マグネシウムローション!

マラソン中に脚が攣ったらシュッシュッと吹きかける!

※使用時の効果に関しては、個人差がございますのでご了承ください。

ランナーのためのコンディショニングアドバイス

2018年01月22日(月)

愛媛マラソンまであと2週間を切りました!

今更、走り込んでも疲れが残ったままとなり本番に支障をきたしますので、調整のランニング程度にしてくださいね。

さて、過去にランナーのためのコンディショニングセミナーを行った後に、アンケートをとりました。

その回答のページは下記になりますのでご覧になってください。

http://kondo-sekkotuin.jp/category/voise_marathon

マラソン中に脚が攣ったらシュッシュッと吹きかける!

2017年03月10日(金)

暖かくなってきて、マラソン大会も盛り上がっていますね。

先月の愛媛マラソンに出場された方が、

走っている後半に脚が攣ってしまったそうです。



走り終わった後もまだ攣っている感じがあったので

マグネシウムローションを吹きかけ擦り込むと

症状が緩和したと、この効果を実感していただきました。


他の方も使いたいということで、

再度、購入のために来院された際に、

効果絶大と喜びの声を頂きました(^▽^)/



当院で取り扱っておりますので、是非お問い合わせください。

 

友だち追加
こんどう接骨院のライン@に登録していただくと、最新情報や院長のブログをお知らせ致します。
登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

次のページへ »

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。