接骨院・治療のこと

テニス肘・テニスエルボー(上腕骨上顆炎)について

2020年01月08日(水)

テニス肘

肘の外側付近が痛くなって病院に行くと。。。

テニスをしていないのに『テニス肘』!?と言われることはありませんか?

それは、テニスをしている方に多い肘の痛みで、わかりやすく『テニス肘』と言っているだけなんです(^▽^)

医学的には、上腕骨上顆炎(じょうかえん)といって肘の外側は、『外側上顆炎』といい、肘の内側が痛くなると『内側上顆炎』といいます。

一般の方でも多発する肘の痛み!

ちなみにこの肘の痛みは、冒頭でもふれたように一般の方にも多発する痛みなんです。

いやいや、テニスはしてないけん!っていうツッコミはあるものの。。。

本当に多いんです(;^ω^)

手作業が多い人に多かったり、ゴルフをする人でもなる方は多いですね。

手を使うことで前腕の伸筋群が多く使われ、疲労すると筋肉は硬くなり縮みます。

すると、その筋肉が付着している外側上顆部に負担がかかり痛みが出てくるんです。

テニス初心者の方が痛くなる外側上顆炎(がいそくじょうかえん)

初心者の方やテニスをたくさんしていると肘の外側に骨が出っ張っているところに痛みが出てきてます。

最初は、違和感程度で朝起きると痛かったり、テニスをし始めると痛みがあり、プレーを続けていると痛みがなくなるなど軽い痛みなんですが。。。

その違和感や軽度の痛みをそのままにしておくと次第に朝だけの痛みだったのが日中も痛くなり、何かを片手で持ち上げようとしたり、ドアノブを回そうとするだけで激痛が走ったりします。

テニス肘の外側上顆炎

痛くなる原因は?

テニス初心者の方は、技術的に未熟なことで腕に負担がかかり痛みが出ます。

ラケットを強く握り過ぎていたり、ボールをラケットの中心部で打てなかったり、と腕に余計な負担をかけすぎてしまい痛みが出ます。

そして、そもそも、ラケットを何度も振ったり、ボールを打ったりするだけの筋力がないことで腕に負担をかけ、痛みを出してしまうんです。

その他に、ラケットが重すぎたり、ガットの種類や硬さによってボールの打った時の衝撃が吸収されず腕に負担がかかってしまうそうです。

その辺りは、コーチやラケットショップの方にいろいろとアドバイスをもらいながら購入された方がよさそうですね。

オリジナルトリガーポイント療法で早期に回復

どんな痛みでもそうなんですが、早めに治療に来ていただいた方が、早く治りますし痛い思いをしなくて済みます。

まだ、そんなに痛くないし。。。
忙しくて時間もそんなに取れないし。。。

と、そのまま放置していた方が痛みを取るのに意外と時間がかかるんです(;^_^A

前腕部のトリガーポイント療法

治療方法としては、トリガーポイントを使って前腕伸筋群を中心にオリジナル治療を施します。

痛みが強い部分に関しては、微弱電流治療器エレサスを使って痛みを緩和させます。

この図を解説すると、✖のところに問題があって赤い点のところに痛みやしびれの様な違和感が出てきます。

前腕伸筋群でも場所によってこれだけ痛みが出るところが変わってきますし、痛いところが悪くなっているわけではないんです。

練習の前後にストレッチをして予防しよう!

前腕筋群のストレッチ

肘の痛みを出さないようにするためには、まずは練習の前後にストレッチをしてください。

練習の前にやり過ぎると力が入りづらくなり逆効果になることもありますので、腕を振ったりしながら軽めに筋肉を伸ばすようにしてください。

やり方としては、手のひらを前に向けるようにすると腕の内側の筋肉がストレッチされ、手のひらを下に向けるようにすると、腕の外側がストレッチされます。

いずれも呼吸を止めずにゆっくりと手を引っ張り腕の筋肉を伸ばしてください。

この時の引く強さは、筋肉がゆっくり伸ばされ気持ちいくらいにしてください。

慣れてくると少し痛いくらいでも大丈夫です。

痛みが強く出る場合は、無理をしないようにゆっくり引っ張り、できれば早めに治療をすることをお勧めします。

その他には運動後に痛みや違和感など気になるところに氷でアイシングをすると効果的です。

テーピングも痛みの予防や再発防止にも役立ちます!

テニス初心者の方は必見!

僕も2018年11月から新居浜インドアテニスクラブでテニスを始めました。

最初は、やはり力んでいて腕の痛みが出てきたんですが、手首を柔らかく使うようにしてから痛みは出てきませんでした。

下の動画は、バックハンドの練習をしている動画ですが、フォアハンドで手首を柔らかく使う練習にもなります。

反発の少ないネットに打つことで跳ね返ってくるボールのスピードは遅いので、テニス初心者が打ち返しすのにいいんです。

そして、手首を柔らかく使う練習にもなります。

僕もそうでしたが、初心者はボールを打ち返す練習が少ないのでどうしても力んでしまうんです。

簡単に打ち返せる状況を何度も繰り返すことでスイートスポットに確実に打ち返すようになり技術的に上達しますし、上顆炎のような痛みが出なくなります。

ちゃんとボールを芯でとらえることができないと腕に負担がかかりますからね(^▽^)

動画でやっている練習法や説明は次回のブログで紹介したいと思います。

友だち追加
☝️こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^^)/
最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。

年末の大掃除でぎっくり腰になってしまった男性の施術

2019年12月27日(金)

荷物をもってぎっくり腰になった男性

最初はそんなに痛くなかったのに徐々に痛みが強くなったんです。。。

年末になりどこの家でも大掃除をしていたり、その準備をしているところが多いと思います。

先日、来院された男性は、大掃除で荷物を持ち上げた時に『ピリッ』と腰に違和感があったそうなんです。

その後、徐々に痛みが強くなり、じっとしているのはさほど痛みがないものの、立ち上がったり、歩いたりすると痛みで身体がゆがんでいました。

状態を診てみると右腰に痛みがあり、その他の腰や背中にハリが強い状態でした。

正月休みになるのでしっかり治療してください!

ぎっくり腰の中でも、軽いものでしたので通常の治療でも問題なかったんですが、年末年始で接骨院がお休みになってしまうのと、

まだ、自宅の掃除やら初詣などいろいろとやる事が多いので、少しでも早く痛みを取りたいということで、エレサスを使った特別治療を行いました。

もう、痛みがほとんどないです!

翌日も治療に来られ、状態を確認したところ、痛みもほとんどなくなり、歩くのもとても楽になったとのことでした。

『でも、まだ荷物を持ち上げたり、中腰での作業をするには不安なんです。。。』

とのことで、ダメ押しのエレサス治療を行いました。

軽い痛みでも早目の治療で問題なし!

他のところでも同じなんですが、軽い痛みが出て放置していると強い痛みになってしまうことがあるんです。

痛みが早いうちに。。。

痛みが軽いうちに。。。

治療しておくことで何の問題もなくすぐに治るんですが、

時間が経ってしまうと、なかなか治らないんです(´;ω;`)

こういう話をうちに来られた患者様にはお話ししているので、次に痛くなった時にはすぐに来られて早く治っています。

四十肩や五十肩も慢性化する前に早めに治療すれば、2週間で治ることもあります。

もちろん、腱板断裂など重傷なものは別ですけど、軽度なのにそのままにしておくとひどくなるので、早めに治療してくださいね!

痛みが長く続いている方でも、治療は可能ですのでお早めにご相談ください(^▽^)/

 

年末年始の休診について

年末は、28日(土)まで。
年始は、4日(土)より開院しております。

土曜日の診療時間延長しました!

土曜日の診療時間は、17時まで受け付けております!

電話にてご予約を承っております。
0897-35-1511(予約優先制)

もしくは、ラインからでもご予約は可能です。
下記よりライン登録をしてご予約下さい(^▽^)/

友だち追加
☝️こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^^)/
最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。

ランナーのお尻付近のモモ裏の痛み(ハムストリングス付着部)

2019年12月18日(水)

新居浜市では、12月8日に第3回あかがねマラソンが行われました。

それを走られた方が、思うように坂道を走れなかったので上り坂の練習をたくさんしたそうです。

すると、お尻からモモ裏(ハムストリングスの付着部)が痛くなったらしく。。。

ジョギングをしても1キロも走れず、テンションがダダ下がりの状態で来院されました。

モモ裏(ハムストリングス)

ハムストリングスってどのあたりの事?

このモモ裏の筋肉は、ハムストリングスともいい、大腿二頭筋と半腱半膜様筋の二つに分かれています。

①大腿二頭筋(だいたいにとうきん)
②半腱様筋(はんけんようきん)※手前にある細い筋肉
③半膜様筋(はんまくようきん)※奥にある平たく見える筋肉

これらの筋肉は、座ると座面に当たる坐骨に付着していて、下部では膝の両サイドに付着しています。

今回、痛くなった患者さんの部位は、このハートのところで内側の半腱様筋が一番損傷していました。

これらの筋肉は、お尻の大殿筋と共同し坂道を上る時にたくさん使われます。

普通に平坦なところを走る時にも使えるようになった方がいいんですが、あまり使えていないランナーは上り坂が苦手な傾向にあります。

治療法は?

今週末に新居浜で開催される『愛媛30K』に参加されるということで早く治してほしい!!!

ということですので、炎症を抑え自然治癒能力を高める微弱電流治療器エレサスを使った治療に加え、当院オリジナルの手技治療(マッサージ治療)で少しでも早く走れるようにしました。

治療後は、痛みで前屈があまりできなかったのが使に指がしっかり着くくらいになり、治療をしていない左側の方が痛みが出るくらいにまで回復しました。

大きな肉離れではないので続けて治療することで、週末の大会には間に合いそうです(^▽^)/

『愛媛30K』 12月21日(土)10時スタート!東雲陸上競技場(新居浜市)
21キロのコースも新設されたみたいです。http://runners.30k-series.com/ehime/

その後の経過は?

追って報告させて頂こうと思いますが、焦って急に走ったりしなければ問題なく走れると思います。

微弱電流治療器エレサスの特長として、痛みが思ったよりも早く少なくなります。

それによって患者さんは、痛くないので治った!

と勘違いして安静にせず、再発をする事があるんです。

痛みがなくなっても組織が修復されるには、多少時間がかかるため痛みがなくなったとしても気を付けなければならないんです。

今回も無理しないようにとちゃんと伝えたんですが。。。(;^_^A

今治シティマラソンでマッサージやストレッチなどのサポート!

2019年10月12日(土)

ランナーにマッサージやストレッチをしている

令和元年10月6日に今治城の周りを走る今治シティーマラソンが開催されました。

その際、今治市の立花接骨院の鈴木先生を中心にランナーのためにボランティアでストレッチやマッサージ、テーピングなどのサービスをしています。

13年前の開業当時からお手伝いをさせていただいてて、今年も参加させていただきました。

体育館で休憩や順番を待ちをしているランナー

今年も多くの方が参加されていたようで、2,000名以上の方が5キロ、10キロ、ハーフマラソンなどに参加されていました。

気候がよかったせいか、外で陣取るランナーも多く、体育館はいつもよりも少なめに感じました。

以前までは、ここは『美須賀小学校』と言っていましたが、今治市内の中心地にある4つの小学校が一緒になり『吹揚小学校』になっていました。

この吹揚(ふきあげ)というのはどういう意味か聞いてみると、今治城の周りが吹揚という地名なんだそうです。

今治城は、古来「吹揚城」と呼ばれている。市内において、「吹揚」という名称は知名度も高く、だれしもが今治のシンボルである今治城をイメージし、その所在までも認識できる名称である。「吹揚」とは、風や潮、砂等が下より吹き上げる地勢に由来すると言われている(ネットより)

ランナーにストレッチポールで背骨のコンディショニング

今回は新しい試みをされています!

このサポートも年々進化してきて、マッサージ、ストレッチ、テーピングだけでなく、少しでも走りやすくするためのコンディショニングとして、足底筋や背骨のコンディショニングなどが加わりました。

運動前にストレッチやマッサージをやり過ぎると、筋肉が緩み過ぎて力が入りにくくなることがあるんです。

痛みや違和感がある場合には、テーピングなどで対応できますが、ウォーミングアップとしてストレッチやマッサージはとても個人差があるんです。

今回の試みの1つ目としてストレッチポールを使った背骨へのコンディショニングです!

コアリセットといって自分でできる背骨調整法なんですが、これが簡単できるんですよ。

セルフコンディショニングの方法の一つなんですが、この上にあおむけに乗って簡単なエクササイズをするだけで背骨が調整できます。

利用された方も終わった後は、

背筋が伸びた感じがする!
腰が軽くなった!
走る時に腕が振りやすくなった!

と、好評でしたよ(^▽^)/

ランナーに足裏のコンディショニングを指導している

2つ目は、足裏のコンディショニングです!

日頃から走られている方は、足指の関節や足裏の筋肉が硬くなっています。

足が硬いままでいるとしっかりと地面を踏ん張ることができませんし、ケガにつながることもあります。

やり方としては、足の指を1本1本動かして関節の動きをスムーズにさせます。

そして、足裏の縦アーチや横アーチの機能を高めるように動かしていきます。

あくまでもウォーミングアップですので、痛みが出過ぎるほど動かす必要はありません。

心地よい感じで動かしてください!

終わった後に立ってみると足裏の機能が高まっているので、しっかり地面に立っているように感じがするんです。

もちろん、歩くのも走るのもスムーズになっています。

走る前なのであまりたくさんのことはできませんが、ちょっとしたことなんですがやっておくと走っている最中は全然違うんです(^▽^)/

サポートスタッフにマッサージやストレッチをしてもらうランナー

最終的には100名以上の方がご利用になられたそうです!

走る前のコンディショニングとして、足裏や背骨のコンディショニングを行い、走り終わった後は、ストレッチや軽いマッサージを行いました。

次の日が月曜日とあって翌日に疲労を残したくないというランナーがたくさん利用されていました。

こんどう接骨院にも来られている患者さんも走っていて、モモ裏のハリが気になるということでストレッチやマッサージを希望され、しっかりとやらさせていただきました。(一番上の写真)

ラガービール大

お仕事が終わった後のお楽しみ(*^▽^*)

当初の予定では、サポートのお仕事が終わった後にうちの甲斐トレーナーとで、今治城の周りを走って喜助の湯でも入って帰ろう!

と話していたんです。

でも、その前日に鈴木先生からのお誘いで『終わったらすぐに懇親会やろうよ!』ということでしたので、舞花グループのスタッフさんと懇親会に参加させていただきました(*^▽^*)

鈴木先生は、とても食通でいつも美味しいところに連れて行ってくれるのでとても楽しみなんです(笑)

今治のソウルフードと言えば!

焼き豚玉子丼が有名ですよね!

僕も何度か食べたことがありますが、ガッツリ食べるのには最高の丼物です(*^▽^*)焼き豚の上に目玉焼きが2つ乗っていて特性秘伝のタレがかかっています。

ゆるーく糖質制限をしている僕でもこの時ばかりは、ガッツリ食べています(笑)

この今治名物焼豚玉子飯もお店によっては、微妙に違うみたいなので下記のリンクを参考にしてみてはいかがでしょうか(^^♪

今治B級グルメ焼豚玉子飯

「焼豚玉子飯」お店によって全然違う!今治市のB級グルメが食べられる老舗有名3店

知る人ぞ知る今治のソウルフードの呉本屋!

今回、鈴木先生に連れて行ってもらった場所は、鳥生交差点から少し中に入ったところにあるホルモン料理『呉本屋』でした!

お昼の2時や3時頃は、だいたいのお店がお昼休みを取っているのでどこに行っていいのか迷ってしまうんですが、ここは朝からずっとやっているんだそうです。

僕らが行った時も何組か食事をしていて昼間っからやってました(^_-)-☆

ここのおススメは、大盛りのもやしの上にホルモンが乗っている『五種盛り』で秘伝のタレに浸しながら食べるのがおいしいんだそうです。

ちなみに、鈴木先生はもやしがシャキシャキの状態で食べるのが好きなんだそうです!

僕は秘伝のタレに浸してシナっとなったのを食べるのがおいしかったですね(笑)

ホルモン料理呉本屋の五種盛り

これをつまみながらのラガービールは最高でしたね😋

若いスタッフさんたちは、ライスに〆のうどんまでガッツリやっていましたが。。。

私は、五種盛りダブルとビール大&中からのハイボール、マッコリまでやってしまうともうお腹いっぱいでした(;^_^A

他にもいろいろな料理があり、冷たいラガービールとてもおいしかったので是非一度行ってみてはいかがでしょうか!

お店のご紹介

ホルモン料理呉本屋の外観

ホルモン料理 呉本屋

愛媛県今治市南鳥生町2-1-39

電話 0898-32-0092

営業時間 10:00~22:00

日曜 営業

定休日 火曜日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

※外観はレトロな感じで店内もきれいですよ。トイレなどもリフォームされていますので気持ちよく利用させてもらいました(*^▽^*)

眼精疲労は首のコリから⁈

2019年10月03日(木)

長時間の事務仕事やパソコンの画面を見ていると目が疲れますよね。

目の疲れだけじゃなくジッと見つめていると首も長時間固定しているためコリが強くなりその影響もあるんです。

解消法としては、お風呂でゆっくり浸かり首のストレッチやマッサージが効果的ですよ‼️

首のトリガーポイントが影響している赤い点であり、痛みやシビレなどを出しています。

慢性痛とことん治療コースにて、対応しておりますのでぜひご相談ください😊

👇👇👇

http://kondo-sekkotuin.jp/chronic

ウルトラマラソンに出場された方が膝痛(膝蓋骨周囲炎)で来院!

2019年10月01日(火)

下り坂を走ると膝の痛みが出やすいんです。。。

9月8日の白川郷ウルトラマラソンに出場された男性が、膝の痛みで来院されました。

そのウルトラマラソンでは、まだ気温が高く高低差のあるコースでしたので上り坂では体力を温存するためにスピードをコントロールしていたそうですが。。。

下り坂になって一気にスピードアップして4キロ以上走ったそうです。

走り終わった直後の脚の状態は、いつも通りの疲労感しかなく、少し膝に違和感があっただけだったそうです。

そして、翌日も膝の痛みを感じることはなかったそうですが、3日目の朝起きると激痛で膝を一切曲げられなかったそうです。

上り坂では、股関節を進展させる動作がメインになりますので、モモ裏のハムストリングスや殿筋を主に使って走ります。

下り坂は、下へ下っていくスピードを主に膝で吸収させながら走りますのでモモ前の大腿四頭筋が多く使われます。

ですので、下り坂は膝痛になることが多いんです。

激痛で全く膝が曲がらなくなっていました!

痛みが出た3日目は、朝から激痛で運転するにも右膝が曲げられなかったそうです。

そして、接骨院に来られた時も膝を全く曲げずに歩かれていました。。。

ベッドであおむけになって治療するときは、膝裏に置く高さ10㎝程度の膝枕を敷いてもらうんですが、それさえも入らないくらい、少しの屈曲で膝が激痛だったようです。

来院初日の症状と治療内容(9/11)

①膝のお皿(膝蓋骨)周りのアイシング
②大腿四頭筋へのトリガーポイントを使った当院オリジナル手技療法(マッサージ療法)
③膝の膝蓋骨(膝のお皿)周りの筋肉に対して微弱電流治療器エレサス
④冷却の持続力が強い泥湿布に包帯固定

②の治療の際、大腿四頭筋の疲労が強かったので軽いマッサージ療法でも激痛でした。

軽いマッサージ療法でも痛みが強いということは、大腿四頭筋の状態がとても悪いんです。

お皿(膝蓋骨)周りの痛みが強いところは、触らずエレサスの微弱電流治療器のみになります。

エレサスは、無痛で電気特有のビリビリ感も全くなく、下記の写真のようにジェルを塗ってYプローブで痛みのある所をヌリヌリするだけです。

※写真は押し付けていますが、痛みがある場合は触るだけです。

初日の治療では、ほんの少し曲げれるようになっただけで、痛みの程度はほとんど変わりませんでした。。。

2日目の症状と治療(9/12)

来院された時は、前日よりも少し膝が曲げられるようになっていて歩行も少しだけスムーズになっていました。

しかし、右膝の痛みでしたので車の運転でアクセルやブレーキなどの踏み変え動作で膝を曲げるときは変わらず痛かったようです。

治療内容は、初日と変わらずです。

3日目の症状と治療(9/13)

以前と膝は痛みで伸びない状態でしたが、日を追うごとに曲がるようになり歩行も少しずつスムーズになっていました。

治療内容は、2日目と変わりませんが、大腿四頭筋の状態がよくなってきているので触診時の痛みは緩和されていました。

膝蓋骨(お皿)周りの痛みも少なくなり、エレサスのYプローブで少し押し付けても痛みはさほど感じなかったようです。

徐々に痛みが軽減し、歩行や運転時の踏み変え動作も痛みが気にならなくなっていましたが、膝の屈曲角度は30度程度しか曲がらない状態でした。

7日目の症状と治療内容(9/17)

土日と祝日で治療間隔があいてしまったんですが、来院時はびっくりするくらい普通に歩いていて、膝の屈曲も健側(痛みのない膝)と変わりはありませんでした。

治療内容も大幅に省略しました。

話を聞いてみると、4日目に膝の調子が良く前日よりも膝が曲がったようなので軽いランニングをしたようです。

すると、ほとんど痛みがなかったのでついつい走り過ぎてしまったようです。

本人もびっくりしたようです。

7月にも同じような痛みがあったんですが、その時は復帰するまでに2週間かかりました。

次にチャレンジする四万十ウルトラマラソンまで1ヶ月ちょっとしかなかったので、今回は痛みを早く取るための治療をしたんです。

私もこんなに早く痛みが取れるとは思っていませんでしたが、オリジナル治療の特別治療が聞いたんだと思います。

今回の四万十ウルトラマラソンは無理をせずチャレンジ

大会まであと少ししかありませんし、膝の状態がよくなったとはいえまだ完全ではありませんので、ランニングはやや抑え気味にされているようです。

 

硬式と軟式のボールの違いによって投げ方が違うのか?

2019年07月21日(日)

硬式ボールと軟式ボールとで投げ方が違うんですか?

高校1年生で硬式野球をやっている子のお父さんから『ボールによって投げ方が違うのか?』と相談を受けました。

入学してから3ヶ月が経ち、うまくボールが投げられなくなったそうです。

中学校の時に硬式ボールで野球をしていた子は、問題なく投げられますが、部活動で軟式ボールで野球をしていた子は、ボールが変わるとなれるまでに時間がかかることがあります。

現在は、塁間や遠くに投げる分には問題なんだそうですが、15m程度の距離になるとワンバウンドになったり暴投になったりするんだそうです。

時々見かけますが、短い距離を投げられない投手がピッチャーゴロを捕ってファーストまで少しか知ってから下から投げる投手がいます。

微妙な短い距離のコントロールが定まらないのでそうした投げ方になってしまうんです。

実際、ボールの違いによって投げ方が変わることはありません!

しかし、その人の投げ方によってボールが変わると投げにくくなることはあります。

手首や指先を使って投げようとしている選手は、ボールが変わると重さが変わるので投げにくくなりコントロールがしにくくなります。

そういう選手は、手首や指先に力が入ってしまうので、リリース時に力んでしまい、指にかかり過ぎてワンバウンドになったり、逆に指にかからずにボールが高く上の方へスッポ抜けてしまいます。

さらに、1年生だと『ちゃんと投げないといけない。。。』とプレッシャーになり余計に身体が硬くなって腕が振れなくなり、悪化してしまうんです。

 手首を回外⇒回内運動を使うことで問題が解決!

肘から先の前腕部は、小指側を軸に回転することができ、その動きを回外、回内運動と言います。動画や下記の写真のように小指からリードして手のひらが上を向いていますが、リリースされると手のひらが下を向いています。

内外⇒回外運動を利用して投げると腕全体の連動を使って投げることができるので、ボールが変わってもコントロールに影響されることが少なくなります。

そして、腕全体の連動を使うことでボールの重さを使って遠心力で投げれますので、力みが少なくなりより投げやすくなるんです。

投球リハビリ外来でも回外・回内運動を指導!

当院の投球リハビリ外来で指導する際も、前腕部の回外⇒回内運動ができるように指導しています。

この回外・回内運動は、前回のブログでも紹介した『野球選手の肘痛を予防するエクササイズ』にもでてきます。

投げる方向に小指側(尺側)もしくは、肘を向け、投げ終わった後は親指が下がります。

手のひらが投げる方向に向くのではなく、小指側から出していきます。

例えば、正面に向かって空手チョップをするような感じです。

ここで、気を付けなければいけないのは、腕に力が入って力んでいると親指が下がらず、手のひらが外を向いてしまいます。

指や手首、腕もリラックスした状態で腕を振ることが大切です。

この回外・回内運動を使った投げ方は、力みが取れるだけでなくいろんなスローイングができるので大変便利です。

手首の曲げ伸ばし運動を使って投げると、内野手で横から投げることが難しいんですが、これだと簡単に投げることができます。

そして、横から上手に投げている内野手の手のひらを見ると下記の動画のように下を向いています。

腕が回転しながら投げているのがよくわかると思います。

まとめ

手首の曲げ伸ばし運動(背屈⇒掌屈)を使って尚且つ指先や手首に力を入れて投げている選手は、ボールが変わることでコントロールが定まりにくくなることがあります。

腕の回外⇒回内運動を使って投げることで力みにくくなり、そして、内野手の横から投げる動作も簡単になり、ボールが変わっても問題なく投げることができます。

当院の投球リハビリ外来について

その他、投球に於いてのポイントはたくさんあり、個人によって投球動作はさまざまです。

今まで老若男女問わず、多くの選手や子供さんを指導した経験があります。

個人に合わせいろんな方法でご指導致しますので、お早めにご相談ください。

自費治療コースにて対応させていただいておりますので、スタッフまでお申し付けください。

追記

今回、ご相談に来られたお父様もいろいろと勉強したり人に聞いたりしても改善することもなく、ましてや自身の子供となると優しく上手に説明するのが難しかったそうです。

今回は比較的症状が軽度でしたので、1回の指導で以前と変わらないくらいによくなったそうです。

あまり、時間が経ちすぎるとそのぎこちない投げ方が身体に刷り込まれてしまい、抜け出しにくくなるんです。

過去にもそういう経験を何度もしたことがあります。

私も現役時代にスローイングに難があり、とても苦しんでいましたので、選手の辛い気持ちがよくわかるんです。

今後も投球リハビリ外来を紹介いたします!

下記のブログでは、肘痛を予防する比較的簡単なエクササイズを紹介しております。

タオルやゴムバンドなどがあればさらに肩回りのトレーニングにもなりますので、ご覧になってぜひ参考にしてください。

友だち追加
☝️こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/
最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。

RICE(ライス)処置の大切さ&ケガの予防

2019年06月11日(火)

高校野球の練習試合中、腕にデッドボールが当たった選手が来院されました。

受傷後1週間以上は経っていて、上腕三頭筋に当たっていたようで内出血もひどく、前腕部に広がっていました。

肘の可動範囲も狭くなっていて、肘が30度~40度くらいしか曲がらなくなっていました。

受傷後の応急処置としては、RICE処置があります。

安静、冷却、圧迫、挙上の処置です。

これに加えて肘を曲げていなければなりません。

大腿四頭筋(モモ)の打撲 チャーリーホース

私は腕へのデッドボールではなかったんですが、学生時代にモモを打撲してしまいました。

当時は、まったく致死化がなかったのでそのまま放置していたんです。

すると膝が90度以上、曲がらなくなり、床にしゃがみ込むことが困難になりました(;^ω^)

特に病院に行くこともなかったし、誰も教えてくれなかったので、自分なりに何とか曲がるようにやってみました。

とりあえず、湯船で一生懸命ストレッチをした記憶があります。

それでも、1ヶ月近くはかかったんじゃないかと思います。。。

 

ですので、上腕三頭筋にボールが当たってしまうと筋肉が固まってしまいますので、固まる前に肘を曲げておかなければなりません。

結局、今回の選手はその処置ができていなかったので肘が曲がらなくなってしまいました。

微弱電流治療器エレサスを使って痛みを軽減しながらストレッチをして、90度くらいまで曲がることができました。

優しくゆっくりと肘を曲げていきますが、腕が切れてしまうかと思うくらい痛みを伴います(´;ω;`)

今週中には、肘の可動域を改善し、来週から少しずつ練習ができるように治療方針を説明しました。

夏の大会前なので、ケガはしたくありませんよね?

ちょっとしたことでも長引いてしまいますので、何かありましたらお早めにご相談ください。

ケガの予防のためにガードやプロテクターはつけましょう!

ちなみに、最近はやっているフェイスガードですが、イチロー選手も所属していたマーリンズのスタントン選手(現在は、ヤンキース)が顔にデッドボールを当たってから多くの選手が装着するようになったそうです。

アームガードやフットガードなど予防できるものがあるんですから。。。

ちゃんと装着してくださいね(;^ω^)

安全防具というのは、基本的に邪魔くさい!

ですから、日ごろからつけ慣れていないと、いざという時にはプレーに支障ができます。

以前、硬式ボールでプレーするマスターズの試合で、同じように上腕部にデッドボールを受けた先輩がいました。

また当たるとたまったもんじゃないので、次の打席でアームガードを付け打席に入ったんです。

しかし、邪魔くさくて、結局、外して打席に入っていました。

トレーナーの立場からすると、危ないのでみんなつけてほしいんですが、世代的にアームガードなどをつけてプレーをしたことがない世代なので誰もつけません。。。

でも、小学生や中学生の選手たちはまだ先があるので、少しでも安全にプレーができるようにしてもらいたいと思います。

関連記事:2019.6.29
チャーリーホース 太ももの打撲の治療について

関連記事:2017.10.5
アイスパックの作り方 ~応急処置とケガの予防~

友だち追加
☝️こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^^)/
最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。

中学生、高校生のケガの予防には睡眠時間が大切です!

2019年06月07日(金)

中学生の市総体が今週各会場で行われました。

今日は、雷雨なので昨日までに予定通りに試合が終わって本当によかったですね。

睡眠不足はケガの元

その試合のために練習量も多くなり、先月から多くの学生が来院されました。

突発的なケガは仕方ありませんが、繰り返し練習することで起こる痛みを回避するには睡眠時間が大切なんだそうです。

睡眠不足の選手は、傷害の発生率が高くなるという研究結果が出ていて。。。

以下のような結果になったそうです。

中学生、高校生のアスリート160名に対し、アンケート調査をしました。

アンケート内容

①21ヶ月間にケガをしたかどうか?
②睡眠時間はどのくらい?
③学年、性別など

睡眠時間ごとの障害発生率

5時間⇒60%
6時間⇒75%
7時間⇒62%
8時間⇒35%
9時間⇒18%

6時間の睡眠時間の選手は、9時間の睡眠時間の選手に比べて、ケガの発生率が4倍になったそうです。

勝ち残っているチームは、これから県総体や四国総体がありますので、しっかり睡眠をとって試合に備えてください。

詳しくはこちらをご覧ください⇒ツイッター

身長を伸ばすためにも睡眠は大切です

傷害発生のリスクを下げるためにも睡眠時間を多くとることは大切ですが。。。

小学生や中学生が身長を伸ばすには、この成長期しかありません。

最近の子供は勉強や習い事で忙しく睡眠時間が少なくなっていますし。。。

一つの競技の練習時間が長く、栄養が消耗して体の成長の方にいきわたっていないことが多いようです。

しっかり睡眠をとってケガの予防や身体を大きく成長させましょう!

友だち追加
☝️こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^^)/
最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。

ゴルファーの腰痛を予防するストレッチ【初級編】

2019年05月22日(水)

ゴルフをするのにはとてもいい季節なんですが、腰痛になられて来院される方が増え来ました。

そこで、腰痛を予防することもでき、ゴルフスイングもスムーズになるストレッチをご紹介いたします(^▽^)

ゴルフによる腰痛を予防するストレッチ

ゴルフスイングは、クラブを手で持って身体を捻り、その捻りを戻すことでスイングをします。

この身体を捻る角度が、大きくなれば遠心力が強くなり、飛距離が伸びるんです。

では、身体のどこを捻るといいんでしょうか?

ポイントは主に肩や肩甲骨、体幹の腰、股関節のこの3つになります。

肩や肩甲骨のストレッチ

クラブを持つ腕の肩もしくは肩甲骨の動きが硬くなると、腕が上がりにくくなりテイクバックが浅くなります。

その肩や肩甲骨の動きをよくするストレッチは、まず水平に腕が曲がるように肩の後方をストレッチします。

胸の前で右腕を水平に構え、左手で右肘をつかみます。

そして、左肩に向かってゆっくり引き寄せます。

肩が上がらないように注意します。

反対側も同様におこないます。

広背筋のストレッチ

そして、大きく腕を上げたり、上体を捻るられるように、脇にある広背筋をストレッチします。

肩の後方のストレッチと同様にここの柔軟性が低下すると大きくテイクバックがとれなくなり、スイングが小さくなります。

そして、フォロースルーも小さくなりますので、結果的に大きなスイングができなくなるんです!

腕を上げて頭の後ろで反対側の肘をつかみ、上半身をゆっくり横に倒します。

腕や脇腹、腰などをゆっくりと伸ばします。

反対側も同様に行います。

胸のストレッチ

肩まわりの動きをよくするためには、胸のストレッチもした方がいいですね。

胸の筋肉が硬くなると胸が邪魔してテイクバックをとりづらくなりますし、肩が前に入って猫背になりやすく、肩甲骨や背中の動きが悪くなるんです。

身体の後ろで両腕をまっすぐに伸ばし手を組みます。

両腕をゆっくり持ち上げ、胸や上腕二頭筋を伸ばします。

腰のストレッチ

次に腰のストレッチですが、腰の回旋の可動域が狭いと腰の筋肉や関節に負担がかかってしまうので、腰痛の原因となります。

下記のストレッチをした場合、両肩を床につけて膝が床から少なくとも拳一つ分くらいの柔軟性は欲しいですね。

片膝を90度に曲げて反対側に腰をひねります。

両肩が床から離れないようにし、できるだけ膝が床につくように伸ばします。

ちょっと難しいんですが。。。

実は腰の動きが柔らかくなってもあまり意識して捻らない方がいいんです。

もちろんスイング中は、体幹や腰は捻られるんですが、意識的に捻ると逆に腰痛になりやすいんです。

意識的に捻るというよりも、腹圧を高めながらテイクバックで腕に引っ張られながら捻られる感じなんです。

じゃあ、どこを捻ればいいの???

それは、後で詳しくご説明いたしますが、股関節なんです。

軸になる体幹や腰が大きく捻られるとブレてしまうんですね。

ですから、ストレッチをして柔軟性は高めつつ、スイングする時には、あまり捻らないで固定し、股関節をしっかりと捻る意識なんです。

言葉にするとちょっと難しいんですけどね。。。(;^_^A

股関節のストレッチ

さて、最後に股関節のストレッチになります。

ゴルフをされる方は、股関節の柔軟性が最大のポイントになります。

股関節があらゆる方向に動いたり、どの角度でも力を発揮することはとても大切なんです。

まずは、あらゆる方向に柔軟性を高めるようにします。

特に捻りの動作は、大切になります。

ゴルフスイングの力の源となり、スイングも安定するんです。

股関節内旋ストレッチ

まずは、内側に捻る内旋動作のストレッチです。これができることでテイクバックの時のタメが作れます。

左足を右膝の外側に乗せ左側に倒します。

右の股関節が内側に捻られます。

右股関節の内側やお尻側が伸ばされます。

同様に反対側も行います。

股関節外旋ストレッチ

次に外側に捻る外旋動作です。

これはテイクバックの捻りを助けたり、テイクバックから打つ方向への体重移動だったり、などをスイングをスムーズにかつ大きくすることが出来るんです。

これらのちょっとした柔軟性や動きが低くなると軸をしっかりと作り打つことができないので、手打ちや煽り打ちになりスイングが安定しなくなるんです。

左側の足首を右脚の腿に乗せる。

左脚(乗せた脚)の殿部から大腿部の裏側をストレッチさせる。

同様に反対側も行う。

今回は、初級編として基本的なストレッチをご紹介いたしました。

もっと詳しく知りたい方や個人的なアドバイスをご希望の方は、加圧トレーニングやアスリートプロメンテコースで承っておりますので、ぜひご連絡ください。

アスリートプロメンテコース

加圧トレーニング 治療・リハビリコース

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

次のページへ »

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。