接骨院・治療のこと

膝の手術後、思うように回復しない膝の痛みに加圧トレーニングでリハビリ!

2019年05月13日(月)

膝の前十字靭帯を断裂して、その再建手術をされた方がリハビリで来られています。

スポーツをしていて相手とぶつかって転んだ時だったり、仕事中に高い所から転落した時などに膝を捻って靭帯(前十字靭帯)を断裂することがあります。

断裂した靭帯を元通りにするには、再建手術を受ける必要があります。
(※詳細は担当医とご相談ください)

その手術では、膝裏の腱を一部切り取って切れた靭帯の代わりにされている方が多いようです。

病院のリハビリ期間では十分ではないんです。。。

術後、入院中に毎日リハビリをして、ある程度日常生活に問題ないくらい回復してから退院するんですが、っ自分が思うような状態にない方もいらっしゃいます。

手術をしていない方と比べると膝は曲がっているし。。。
筋力も戻ってないし。。。
仕事に復帰するにも不安だ。。。

退院後も通院しながらリハビリを続けるんですが、

思うように元の生活には戻れないし。。。
スポーツを再開しようにもしっかり踏ん張ることもできない。。。

病院のリハビリが後半になっても自分のイメージしている状態に戻らないので不安なんだそうです。

加圧トレーニングで患部のリハビリ!

当院では、加圧トレーニングのリハビリコースで術後のリハビリをご利用いただいております。

加圧トレーニングであれば、低負荷でも筋力アップの効果がありますので、負担が少なく回復させることができます。

状態によっては、痛みを緩和させるためにトリガーポイントを使ったオリジナル手技療法(マッサージ療法)を施すこともございます。

自分でうまく運動を続けられない方や、思うように回復されていない方などいらっしゃいましたら、ぜひご相談ください!

加圧トレーニング 治療・リハビリコース

慢性痛とことん治療コース

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

万全の体調で試合に挑むために、患者様にいつもお話しすることとは!

2019年05月09日(木)

連休も明け、試合や練習で痛めた子供がたくさん来院されています。

市総体も来月に迫り、これから練習も厳しくなってくると思います。

試合前まで練習をしっかりとやっておきたい気持ちはよくわかりますが、今の小さな痛みが練習をしすぎることで、大きな痛みに変わる可能性があります。

練習不足によって試合で上手くいかないことと、痛みが出て上手く動けないことでは、どちらも良い結果は出ませんよね?

長年トレーナーとして現場を見ていた人間として言えることは、痛みが少なければ、良い結果が出ることが多いんです。

今年も全力で戦えるようにサポートさせていただきますので、気になる痛みがある方は、お早めにご相談ください。

👇詳しくはこちらへ👇

アスリートプロメンテコース

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

脇腹の痛み(疲労骨折や肋間筋痛など)

2019年04月24日(水)

最近、脇腹痛で来院される方が続いています(;^ω^)

脇腹痛と言っても程度があり、肋骨骨折、その肋骨の間にある肋間筋の痛みや前鋸筋の痛みなどがあります。

肋骨骨折の場合は、直接的な外力が加わった場合が多く、ゴルフや野球など体幹を酷使するスポーツでは、疲労骨折などがあります。

負傷してしまうと呼吸をするだけ痛みが強くなるんですが、それは胸が広がり肋骨が動くので、痛みが強くなるんです。

状態を診るときは、

痛みがどこに出ているのか?

触ってどのくらい痛むのか?

動いてどのくらい痛むのか?

などを診ます

こんどう接骨院での治療法は?

骨折が疑われる場合は、専門医に委ねますが、そうでない場合は、トリガーポイント療法(マッサージ治療)や微弱電流治療器エレサス、テーピング固定などで痛みを軽減させます。

先日、肋間筋の痛みで来られた患者様には、微弱電流治療器エレサスで治療すると直後に痛みが軽減し、数回の治療で日常生活での痛みはなくなりました。

スポーツをされているので完全復帰には、運動制限をしながらになりますが、順調に回復し、スポーツ活動にも復帰されているようです。

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

サッカー選手 足首の捻挫のテーピング固定

2019年04月23日(火)

適切な処置で早期に回復!

サッカーをしている高校生が練習中に捻挫をして来院されました。

来院時は、捻挫をした足を地面について歩けなかったので松葉づえを出すような状態でしたが、アイシング、微弱電流治療器、そして、動画のテーピング処置などを行いました。

翌日は、ほぼ松葉づえを使わなくていい状態で来院されました。

痛めた状態にもよりますが、受傷直後からアイシングや固定などの処置をすることでケガの回復も早くなります。

受傷後、4日目に日常生活では問題がないので、少し練習ができるくらいになりました。

本当はもっと安静にして治療をした方がいいんですが、この時期は大切な試合が迫っているので、できるだけ早く回復し、復帰できるように努めます。

状況に応じたテーピングで早期に現場復帰!

当院では、スポーツの現場を経験した院長が治療を行いますので、いち早くスポーツ活動に復帰することができます。

適切なテーピングで痛みを軽減させることも可能です。

何かありましたらご相談ください!

手首のテーピング テニス選手の手首の痛み予防

空手で肘を痛めた女子選手のテーピング

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

春先に多い脚のすねの痛み ~シンスプリント~

2019年04月10日(水)

春になると新入生が新しい部活動で練習を始めます。

新しい環境で一生懸命に練習するあまり、オーバーワークとなり痛みを訴える生徒が来院されます。

急に練習量が多くなり、脚のすねが痛くなるのが『シンスプリント』の特長で、特にすねの内側や内側のくるぶしよりも少し上に痛みを訴えます。

痛みをがまんしてそのまま練習をしていると疲労骨折になる可能性がありますので、練習量を制限するかお早めにご来院ください(^▽^)/

こんどう接骨院での治療方法

当院では、痛みの状態に合わせ、アイシング、テーピング、トリガーポイント療法でオリジナル治療(マッサージ治療)などを施し痛みを軽減させます。

早く痛みを取りたい方には、特別治療器の微弱電流治療器エレサスを使って治療いたします。

エレサスを使うことで患部の炎症が軽減され、痛みを少なくすることができるので治療期間を短縮できます!

シンスプリントは、下腿部(ふくらはぎ)の中にある深い筋肉の後脛骨筋などが痛んでいることが多いので、痛みが出るのが遅く治療期間も長くかかることがあります。

気になる痛みがあるようでしたら、お早めにご相談ください。

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

TFCC損傷の痛みを取るのに手術しかないと言われた方が来院されました!

2019年03月28日(木)

レクバレーをされていて手首を痛め、痛みがなかなか取れずに悩んでいた方が治療に来られました。

病院の先生からは、痛みを無くすには手術しかない!

と言われたそうですが、今はそれほど痛みがないものの、何かを持ったり、手を使いすぎると痛みが出るんだそうです。

今回の痛みでは慢性期となっているため、慢性痛とことん治療コースを受けていただきました。

たった2回受けていただいただけで治療効果が出ましたので、徐々にバレーボールを開始していただいて、まだ痛みが出るようでしたら来院していただくようにとご説明いたしました。

受傷直後の処置や治療でその後が決まります!

受傷時のことを良くお聞きすると、病院でMRIで確認して大きな損傷がなかったので、湿布などで安静にとのことだったそうです。

当院では、受傷直後からアイシングで損傷したところの炎症を軽減させます。

そして、必要に応じてエレサスなどの特別治療器で炎症を軽減させ、テーピングや炎症を早く抑える特別な湿布を使用します。

ケガは、安静にしていても自然治癒で治りますが、完治するのに時間がかかります。

積極的な治療で早期に回復させ、早期に日常生活やスポーツ活動に復帰しましょう!

時間が経ってしまった痛みでも早期回復!

慢性的な痛みになっている場合でも、トリガーポイントを使った当院オリジナル手技療法(マッサージ治療)で痛みを改善することができます。

ぜひ一度ご相談ください!

下記のブログも参考にご覧になってください(^▽^)/

山田洸誓選手の手首の治療 TFCC損傷後のリハビリ

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/

足首の外側の痛み ~腓骨筋腱炎~

2019年01月16日(水)

足を捻っていないのに痛い。。。

捻挫をしたわけじゃないのに足首の外側のくるぶし辺りが痛くなることがあります。(A:外くるぶしの赤い部分)

これは、腓骨筋腱炎といってふくらはぎの外側についている腓骨筋腱が、外くるぶしを通っていてそれが擦れあって腱鞘炎になり、痛みがでるんです。

ランナーやサッカー、バスケットボールなど走ることの多い選手に痛みが出ることがあります。

捻挫の経験がある人はたまに痛みが出る

足首の外側の靭帯を損傷する内反捻挫をすると靭帯の機能が低下するので、リハビリではこの腓骨筋を鍛えます。

この腓骨筋の筋力が弱っていたり、逆に使い過ぎで疲れてくると関節の安定性が落ちるので上記のような痛みが出てくるんです。

こんどう接骨院で治療する場合は!

治療は、ふくらはぎ全体のケアをしつつ、トリガーポイントを使った当院のオリジナル手技療法(マッサージ治療)を使って機能が低下した腓骨筋を中心に回復させます。👆上記イラスト👆

痛みや不安な感じがある場合には、テーピングでサポートすることで足首に痛みや不安感は解消することができます。

局所的に痛みが強い場合は、微弱電流治療器エレサスを使って局所の痛みを取ることができます。

走る距離が長くなると痛みが。。。

現在は、愛媛マラソン2019に出場するために長い距離を走っているんですが、15キロくらい走ると徐々に痛みが出てきます。

テーピングやその後のケアで何とかしのいでいますが、本番はどのくらい持つのか心配です(;^_^A

~愛媛マラソン2019完走への道~
http://kondo-sekkotuin.jp/category/ehimemarathon/ehimemarathon_diary

 

過密スケジュールによるランナーの膝痛もサクッと解消!

2018年11月30日(金)

マラソンシーズンになり多くのランナーの方が治療に来られています。

やはり、多いのは膝の痛みです。

大腿四頭筋を酷使することで膝の痛みが出るんです。

当院では、トリガーポイントを使ったオリジナル治療(マッサージ治療)とエレサスを組み合わせ膝の痛みを素早く軽減させることができます。

マラソンの過密スケジュールにも対応できるように、レース翌日からも疲労を早く除去する全身通電治療(エレサス)も対応しております。

レース翌日は、筋肉痛でマッサージなんてできませんよね。。。(^_^;)

エレサスによる全身通電治療であれば、寝ているだけで疲労が改善します。

気になる方は、スタッフまでお問い合わせください!

 

 

 

角田先生による股関節の痛みについての勉強会 @ひめばら接骨院

2018年11月26日(月)

11月23日勤労感謝の日に松山のひめばら接骨院で角田先生(福岡県直方市の『すみだ整骨院』)による股関節についての勉強会が行われました。

股関節の痛みは様々な原因によって引き起こされますが、接骨院で対応できる痛みとそうでない痛みがあり、どの痛みに対しても正しい知識をもって対応しなければなりません。

場合によっては、病院へ転院していただかなければならないこともあり、それらを含めても正しい知識が必要となります。

今回は、角田先生自身が9月にタイで行われた解剖実習に参加され、その時の貴重な映像を交えご指導いただきました。

午前中に座学が行われ、その中で以前には、わからなかった股関節の不調や痛みなどが解剖学的に骨形態異常によるものだという新しい発見も紹介していただき、今後の股関節の評価に非常に参考になりました。

そして、後半は、その股関節の状態を正しく評価するの実技中心となり、角田先生の細部にわたる評価法に目を見張りました。

私自身も評価していただき、長年続けてきた野球の影響で股関節の内転制限をおこしていてその悪影響が時々出ていました。

最近は、愛媛マラソンに出場するために走ることが多くなっているので、さらに左下肢の状態が悪くなっていたんです(;^_^A

自分自身のケアのポイントもはっきりしましたのでしっかりと改善しつつも、今後の患者様の治療にも役立てるようにスキルアップしたいと思います(*^▽^*)

【使用者様のご感想です】マグネシウムローションでマラソンや駅伝の練習後の疲労回復!

2018年11月10日(土)

マラソンシーズンになると大会に続けてエントリーしてしまうんです。。。

先日、次のフルマラソンの大会に向けて、休日に26㎞のロング走を行いました。

天気も良く、風もない、絶好のランニング日和で気持ち良く走れたのですが

前回の大会からまだあまり日数が経っておらず、イマイチ調子が戻っていませんでした。。。

そのせいか、走った後、足がダルい… 特に、前もも!!

いつもは30㎞のロング走をした後でも、多少はふくらはぎの張りがあるくらいで、こんなにダルい事はない(>_<)

そのダルくて重い感じは夜までずっと続き、足が気持ち悪くてたまらなかったので、どうしたら治るかとストレッチをしたり筋膜リリースをしたりと自分なりにいろいろとやってみたんです

脚が攣った時だけでなく疲労回復にもマグネシウムローション!

そう言えば!!

マグネシウムローションを購入した時に運動前だけじゃなくて、運動中や運動後に塗ると筋肉の疲労回復や筋肉痛が緩和され、よりパフォーマンスアップにつながりますよ

と、先生がおっしゃっていたのを思い出しました。

お風呂に入った後でも足のダルさは取れなかったので、マグネシウムローションをマッサージをしながら前ももによくスリ込んでみました。

そして『朝起きる頃にはマシになってたらいいなぁ』くらいに思ってたのですがお風呂上がりに塗って寝る頃には、すっかり忘れているくらい楽になっていて(笑)

ダルさは全くなく、むしろ軽くなっていました(≧∇≦)

今までマグネシウムローションは、マラソン大会の当日、暑さからくる脱水症状や、逆に寒すぎて体が冷えきる事から足が攣るのを防ぐ為に使っていたんですが、

今回、今までと違う使い方をしてみて、かなり即効性のある効果に驚き!

マグネシウムローションの新たな発見をとても嬉しく思いました(^^)♪

これからまた、たくさん走って、いろんな場面で使用してみたいと思います(^^)♪

疲労回復に!筋肉痛の緩和に!マグネシウムローション!

次のページへ »

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。