膝の痛みで正座ができなくなりました。。。

2018年08月25日(土)

膝の痛みが急に強くなり、正座ができなくなったという患者様がいらっしゃいました。

少し膝の曲げ伸ばしをしただけで痛みが強くなり、何かにつかまらなければ床にドスンと座ってしまうようになってしまいました。

痛みが強い場合は、関節を痛めていますので見た目が張れていたり、触ると熱く感じたり、歩くと足を引きずってしまいます。

軽度の痛みでも立ち上がったり座わったりするときに痛みが強くなったり、何かを持たないと立ち上がれなかったりということもあります。

当院では、急性期には健康保険内での治療を行い、時間が経ってしまって慢性化してしまったものも自費治療で対応しております。

治療内容は、電気治療や温熱治療などに加え、緊張して硬くなっている膝周りの筋肉をほぐします。

痛みが軽度のものであれば、一回の治療で痛みを軽減することができますが、変形して曲がってしまった関節は少し時間がかかりますので、状況をご説明して何度か通っていただくことがあります。

痛みを放置する時間が長ければ長いほど、治療期間や治療回数が増えますので、気になる方は是非お早目にご相談ください。



  |  

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。