成長ホルモンと美容について

2009年09月17日(木)

今回は、加圧トレーニングで多く分泌される『成長ホルモンと美容』についてお話します。



成長ホルモンには、体脂肪を落とす効果があり皮膚のたるみを防ぎ引き締めてくれ、肌の若返り(たるみ、シワ防止)免疫力向上といった効果があります。


人の成長ホルモン=人間の体内で生成されているホルモンの一つです。代表的な効果として【身長を伸ばす/骨や筋肉を作る/アンチエイジング(若返り)/脂肪の代謝】があげられます。

実は子供から大人へと成長する過程で背丈や体形が変化するのは、成長ホルモンによるものなのです。


成長ホルモンが減少すると老化現象や様々な異常が体に現れます。20代を過ぎると体力の衰えやお肌の乱れを訴える方か多いのは成長ホルモンの減少が老化に関係しているためです。



老化により身体の回復が遅くなると


 ○なかなか疲れが抜けない

 ○筋肉や骨の衰え

 ○体重の急激な増加や減少

 ○肌のハリが失われる



アンチエイジングに注目する人にとって欠かせないのが成長ホルモンです。若いときは成長ホルモンがたっぷり分泌されていて、お肌がピチピチなのは当たり前です。

年齢を重ねてもいかにこの成長ホルモンの分泌を減らさないでいられるかがアンチエイジングの秘訣!成長ホルモンは、寝ている間に一番多く出ています。夜更かし寝不足は美容の天敵です。

《睡眠不足は肌荒れのもと》ということも科学的に正しいことで、美容と健康のためには、十分な睡眠をとることが大切です。しかも成長ホルモンは夜10時~夜中2時の間に多く分泌されるという性質があるので、あまり夜更かしするのはよくありませんね。

次回は、栄養について基礎的なことをお話したいと思います。



  |  

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。