下半身の力を最大限に引き出すためのトレーニング

2017年03月09日(木)



下半身を鍛えるトレーニング種目として

代表的なのが『スクワット』ですよね。



でも、ただ単に重りを担いでしゃがんだり、

立ったりすればいいというわけではありません。



ちゃんとしたフォームで行わないとバランスの悪い筋力がついたり、

それによって膝の痛み腰の痛みが出てしまう恐れがあります。


そこで、当施設で正しいフォームを覚えるために

まず、『ルーマニアンデッドリフト』をしてもらいます。


下半身の力を最大限に使うためには、

股関節の筋力を使うのことがポイントになります。


そして、その股関節の筋力を使うために

ハムストリングス(もも裏)やお尻を意識させるための

このルーマニアンデッドリフトを用いるのです。


例えば、パワーポジション(中腰姿勢)をしようとすると

主に膝を曲げた姿勢になってしまいます。


パワーポジション(中腰姿勢)をするには

股関節、膝関節、足関節が均等に力が加わらないといけません。


しかし、無意識だと膝だけが曲がってしまう人が多くいて、

十分に力が発揮できないだけでなく、

膝を痛めてしまうことがあります。


下半身の足腰を鍛えるのには、

スクワットがいいと言いますが、

正しいスクワットを習得しないと

逆に痛めてしまうことがありますので

十分に気をつてくださいね。



当院でも、足腰を鍛えるエクササイズを指導しております。

詳しくはこちらをご覧になってください。

加圧トレーニング治療・リハビリコース



  |  

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。