足首の外側の痛み ~腓骨筋腱炎~

2019年01月16日(水)

足を捻っていないのに痛い。。。

捻挫をしたわけじゃないのに足首の外側のくるぶし辺りが痛くなることがあります。(A:外くるぶしの赤い部分)

これは、腓骨筋腱炎といってふくらはぎの外側についている腓骨筋腱が、外くるぶしを通っていてそれが擦れあって腱鞘炎になり、痛みがでるんです。

ランナーやサッカー、バスケットボールなど走ることの多い選手に痛みが出ることがあります。

捻挫の経験がある人はたまに痛みが出る

足首の外側の靭帯を損傷する内反捻挫をすると靭帯の機能が低下するので、リハビリではこの腓骨筋を鍛えます。

この腓骨筋の筋力が弱っていたり、逆に使い過ぎで疲れてくると関節の安定性が落ちるので上記のような痛みが出てくるんです。

こんどう接骨院で治療する場合は!

治療は、ふくらはぎ全体のケアをしつつ、当院のオリジナルトリガーポイント治療(上記のイラスト)を使って機能が低下した腓骨筋を中心に回復させます。

痛みや不安な感じがある場合には、テーピングでサポートすることで足首に痛みや不安感は解消することができます。

局所的に痛みが強い場合は、微弱電流治療器エレサスを使って局所の痛みを取ることができます。

走る距離が長くなると痛みが。。。

現在は、愛媛マラソン2019に出場するために長い距離を走っているんですが、15キロくらい走ると徐々に痛みが出てきます。

テーピングやその後のケアで何とかしのいでいますが、本番はどのくらい持つのか心配です(;^_^A

~愛媛マラソン2019完走への道~
http://kondo-sekkotuin.jp/category/ehimemarathon/ehimemarathon_diary

 



  |  

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。