脇腹の痛み(疲労骨折や肋間筋痛など)

2019年04月24日(水)

最近、脇腹痛で来院される方が続いています(;^ω^)

脇腹痛と言っても程度があり、肋骨骨折、その肋骨の間にある肋間筋の痛みや前鋸筋の痛みなどがあります。

肋骨骨折の場合は、直接的な外力が加わった場合が多く、ゴルフや野球など体幹を酷使するスポーツでは、疲労骨折などがあります。

負傷してしまうと呼吸をするだけ痛みが強くなるんですが、それは胸が広がり肋骨が動くので、痛みが強くなるんです。

状態を診るときは、

痛みがどこに出ているのか?

触ってどのくらい痛むのか?

動いてどのくらい痛むのか?

などを診ます

こんどう接骨院での治療法は?

骨折が疑われる場合は、専門医に委ねますが、そうでない場合は、トリガーポイント療法(マッサージ治療)や微弱電流治療器エレサス、テーピング固定などで痛みを軽減させます。

先日、肋間筋の痛みで来られた患者様には、微弱電流治療器エレサスで治療すると直後に痛みが軽減し、数回の治療で日常生活での痛みはなくなりました。

スポーツをされているので完全復帰には、運動制限をしながらになりますが、順調に回復し、スポーツ活動にも復帰されているようです。

友だち追加

最新情報や院長の『健康・ダイエット・予防などのちょっとしたコツ』をお知らせ致します。
こんどう接骨院のライン@の登録をよろしくお願い致します(^▽^)/



  |  

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。