チャーリーホース 太ももの打撲の治療について

2018年06月29日(金)

サッカーをしていて、相手の膝が大腿部(太もも)を直撃し負傷された方がいらっしゃいました。

太ももの前面もしくは外側面を負傷することが多いんですが、こういった太ももの打撲を『チャーリーホース』と言ったり、『モモカン』と言ったりします。

太ももの打撲は基本的にはアイシングをするんですが、それだけではダメなんです。

太ももの筋線維が損傷すると固まってしまい、膝が曲がらなくなります。

なので、打撲をしてアイシングをしながら写真のようにストレッチをしなければなりません。

受傷直後であれば、まだ曲げ伸ばしは簡単にできますが、時間が経ってしまうと固まってしまい痛くてストレッチができなくなります。

写真の方も受傷後、数日たって来院されましたので、膝が曲げにくくなっていました。

エレサスをしながらゆっくりとストレッチをして、膝の可動域を正常に戻しました。

 

チャーリーホースの由来について

その名の由来はアメリカのメジャーリーグにあります。

20世紀始めのメジャーリーグでは、野球場のグラウンド整備に馬を使っていたそうです。

ニューヨークにあるエビット球場のオーナーが、『チャーリー』という脚をケガして引退した競走馬を引き取り球場のグランド整備にあたっていました。

その馬がいつも片足を引きずって歩いていたそうです。

これにちなんで、特に野球選手が打球を太腿に受けたり、あるいはベーススライディングによって打撲を受け、足を引きずる姿に似ているところから『チャーリーホース』と呼ばれるようになったそうです。



  |  

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。