当院のアイシングの方法をご紹介致します

2018年07月17日(火)

当院では、クレーマージャパンのフレキシコールドというアイスパックを使用しています。

ゲル状になっていて冷凍庫に入れておけば、すぐに使用できます。

直接装着しないで動画のようにハーフパンツの上や、タオル一枚を間に入れて使用してください。

アイシング時間は、15分~20分程度です。

当院でも購入できますので、運動をして肩の痛みがあったり、ふくらはぎがいつもよりも張ったり、腰痛が出たりしたときに日々のコンディショニングとして使用してください。

自宅にも2つほど冷凍庫に入っていて、子供たちは柔道や野球の練習後に痛みが出た時に自分でアイシングをしています。

食後に歯を磨くように、痛みが出た時にアイシングをする!

というように、自主的にできるようになれば痛みを最小限に防げると思います。

何かございましたらスタッフまでお問い合わせください。

アイスパックの作り方 ~応急処置とケガの予防~



  |  

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。