院長のトレーニング日記

愛媛マラソン完走への道 練習日記_20190116_No.20

2019年02月07日(木)

愛媛マラソンのゴールを目指して練習をしたいものの、平日に走る時間がなかなか取れません。。。

身体がなまらないようにと併設 加圧スタジオのトレッドミルで気休めのランニングです(;^ω^)

経験者にお話を伺うと、

とても楽しかった!という話と、

地獄を味わってください!

と様々です(@_@)

個人的には、時間ギリギリでもゴールしたいと思っているんですが、自分がどのくらいできるのか楽しみです(*^▽^*)

追伸

子供が見ていたテレビ番組で90歳を超えるおじいちゃんが、

80歳の時に何かやらなきゃ!

と毎日腕立て伏せをし始めて、今では200回以上できるようになったと言われていました。

私も年齢的にもかなり体力が落ちてきているので、自分もやってみようと思いました(笑)

 

マラソンのための加圧トレーニング_20181215

2018年12月27日(木)

この日は、翌日の日曜日が雨の予報でしたので長い距離を走りたかったんですが、都合がつかずどうしようかと迷っていました。。。

走るだけがマラソンの練習ではないので、全身を加圧トレーニングで鍛えました。

加圧トレーニングの特徴として筋持久力の向上があります。

加圧トレーニングをすることで低負荷でも大量の疲労物質が出ますので、それを繰り返しトレーニングすることでその疲労物質に対して身体が慣れてくるんです。

なので、筋力アップやダイエットでは一定の期間が必要となりますが、筋持久力系の競技では即効性があるんです。

完走目的のマラソンランナーは、心肺機能が必要とされる持久力ではなく足腰や全身の強さが必要となり、全身の疲労物質に対して強くなければなりません。

もちろん、走ることも重要ですが、走るだけでなく全身の筋力アップからも走る強さも向上できるんです!

と、元同僚で四万十川100kmウルトラマラソンを2連覇されたMIDORIさんに教えていただきましたので、それを信じて頑張っています(*^_^*)

第57回愛媛マラソン2018!初当選!!(*^▽^*)

2018年10月26日(金)

ついに初当選することができました!

しかも、2次募集での当選です(*^▽^*)

もう5~6年くらい落選していますので、2次募集もいつあるのかもわからず全く気にしていませんでした(;^ω^)

SNSで2次募集の告知があったことを知り、メールをチェックするとなんと当選のになっていたんです!!!

うれしいやら走っていないので心配やらで複雑な気持ちですが、月間3キロしか走っていない男ですので、ここは月間30キロ男になろうと思います(笑)

まずは、完走を目標に自分なりのプログラムで頑張りたいと思います。

あまり、走り込んだりする時間もなさそうなので、加圧トレーニングを盛り込んだランニングプログラムにしたいと思います(^▽^)

今後は、愛媛マラソン完走するぞ!と題して、報告ブログもアップしたいと思います。

元気の秘訣はやっぱり加圧トレーニング!おいちゃんもがんばってるよ!(笑)

2018年09月20日(木)

年々衰える足腰を加圧トレーニングで鍛えました。

先日のマスターズ甲子園新居浜市内交流試合で右のハムストリングスが攣りかけました。

持っていたテーピングで応急処置をしましたが、守備につくときのジョグでもピリ

っときていたので脚の弱さを実感しました。

加圧トレーニングでは、大きな負荷をかけなくても筋力アップができますので、私みたいな年齢にはぴったりのトレーニングになります。

ちなみに、今回はヒップアップの種目であるヒップスラストを多く行いました。

加圧トレーニングとの相性も抜群で、女性の利用者様よりお尻や脚が引き締まったと大好評です!

スポーツにおいても股関節の伸展力がアップするので、パフォーマンスアップにも効果絶大ですよ!

加圧トレーニングは、個別指導なので運動をあまりしたことがない方や運動が苦手な方も安心してご利用になれます。

利用者は、アスリートばかりではなく8割以上の方が女性です。

ボディメイクコースも新設しましたので、ぜひご利用ください!

加圧トレーニング 治療・リハビリコース

身体のバランスを整えるトレーニング! #加圧トレーニング

2018年09月15日(土)

久しぶりにトレーニングを投稿します。

3日前にスイングと背中のトレーニングをしましたので、本日は下半身中心のトレーニングにしました。

17日(日)にマスターズの市内大会が予定されているので、筋肉痛や疲労が残らないように加圧トレーニングで軽めにやっておきました!

動画には加圧トレーニングのベルトをしていませんが、最初は加圧ベルトをまいてランニングでウォーミングアップ!

そして、スクワットで脚を疲労させ動画のトレーニングを行いました。

自分は、脚の筋力や筋量のバランスが悪く右脚が極端に細いんです。

なぜ、そうなったかというと野球の右投げ右打ちは、ずっと左回転なので左に荷重してしまう分、左脚が強くなり左右のバランスが悪くなったんです(^_^;)

特に今は弊害はないんですが、予防として右脚の強化トレーニングもプログラムに入れています。

私がトレーニング指導をする際、不調を訴える方にはコンディションを高めるための個別指導も行っていますので、ぜひご相談ください。

年齢による痛みを克服するためには、筋力トレーニングが大切なんです!

2018年07月12日(木)

どんな方でも、年齢とともに筋力や柔軟性が低下します。

  • 子どものように鉄棒にぶら下がることもなくなり肩の柔軟性や筋力が...
  • 気づけば、できるだけ近い場所に駐車して歩かなくなり脚の筋力が...

 

こういう日々の生活から筋力低下がおこり、肩の痛みや膝の痛みが出てくるんです。

その痛みは、接骨院で治療すればなくなります。

しかし、その後、再発させないようにするには痛めたところの筋力アップが大切なんです。

例えば、五十肩などで痛みを繰り返す方は、肩の筋肉が異常に小さくなっています。

これでは、痛みが取れて日常生活を送っていても筋力がないのでまた痛みが出てくるんです。

同様に、膝の痛みも同じで脚のモモ前の筋肉が少なくなっている方が多いんです。

運動の必要性を感じてジム通いをされている方もいらっしゃいますが、ジムでは基本的に全身運動がメインになります。

当院では、加圧トレーニングを用いて、ケガ後のリハビリなどの個人の目的に合わせて個別指導をしています。

その他、併設加圧スタジオサムにて、筋力アップ・ダイエット・アンチエイジングなど、老若男女を問わず幅広く指導していますので、ぜひご相談ください。

 

私も少しずつではありますが、コツコツと頑張っています。
ほぼ、リハビリに近い筋トレになっていますが。。。(´;ω;`)

少しずつでも継続は力なりと言い聞かせながら・・・
なかなか、かっこよくなんね~なぁ~

 

 

お尻の引き締めトレーニングのバックエクステンションをご紹介! #backextension

2018年06月30日(土)

バックエクステンションでお尻の引き締めトレーニングをやりました。

主に腰部などを鍛えるトレーニングとして行いますが、鍛える筋肉を意識することでお尻もしっかりと鍛えられます。

本当は、加圧ベルトをまいてしようと思っていましたが、すっかり忘れていました(笑)

加圧トレーニングを併用すると、モモ裏のハムストリングスが早く疲労し使えなくなるのでお尻にもガンガン効いてくるんです。

バックエクステンションを普通に行ってしまうと、腰部や背部もしくはモモ裏によく効きます。

お尻に効かせるためには、上半身が下がっているときにお尻を突出し、腰背部を反らせます。

そして、お尻を使って上半身を持ち上げる際、腹筋意識をして腰部や背部が反らないようにするんです。

股関節屈曲時には骨盤を前傾させ、股関節を伸展させるときには骨盤を後傾させるとお尻がパンパンになりますよ。

お尻に意識をする方法を簡単に言うと、お尻で割り箸を割る感じ!です(笑)

当スタジオでそんなことはしませんが、ちゃんとできるように指導いたしますので、ぜひご利用ください(^O^)

お尻の引き締めトレーニング ヒップスラスト

2018年06月23日(土)

年齢とともに重力に負けてきているお尻に活を入れるべく、今、流行りのお尻の引き締めトレーニングをやってみました。

加圧トレーニングをしながらやるととてもきついんです(^_^;)

寝転がってお尻を上げているのは、『ヒップスラスト』と言って、これは60kgぐらいでやっていますが、通常は100㎏でも簡単にできます。

加圧トレーニングは、軽い重さでも効果があるので60kgの重さでも、お尻にガンガン効いてきます。

動画にはありませんが、その他、スクワットやブルガリアン・スプリット・スクワットなどを組み合わせるとお尻がさらにプリッとしました。

お尻引き締めトレーニングも絶賛指導中です(^O^)

気になる方はご連絡ください!

微増ですけど少しずつ進化w

2017年04月24日(月)




スクワットは、ほんとにキツイですね(;^ω^)


でも、奥が深いのでやればやるだけいろんな発見があります。

ちょっとした体重のかけ方で効いてくる筋肉も違うし

効果も変わってきます。


人に教える以上は、自分でもちゃんとできなければならないし、

そうすることでわかりやすく指導ができると思っています。


新しい情報を得るためにネットでいろんな指導者の記事や

動画を見て勉強していますが、

まずは自分に試し、納得してから指導するようにしています。




ちなみに、スクワットにはしゃがみ込む深さで呼び名が違ってて

クオーター、ハーフ、パラレル、フル、フルボトムと

いくつかの呼び名があります。


今回、行ったスクワットは、

深くしゃがみ込むフルスクワットというもので

足関節や股関節などの柔軟性などが

高くないとできないものです。

※最下部に参考になるストレッチを紹介しています。


そのフルスクワットで重量も近年で一番重い

110kgまでできました。


日々の地道な努力が成功すると嬉しいのですが、

モチベーションを維持するのが大変です(;^ω^)


怪我しないように続けたいと思います(^▽^)

 

※動画はスマホ画面では見えにくくなっていますので、
デスクトップへ切り替えてご覧ください。

もしくはこちらからもご覧ください。


加圧トレーニング会員募集中!
ダイエットコース
詳しくはこちらへ!




この柔軟性を高めるストレッチもいろいろとありますが、

中学生・高校生であれば、まず内転筋やハムストリングスの

ストレッチをしっかり行ってください。


その柔軟性が高まれば正しいフォームで

深くしゃがみ込むことができます。



スクワットには関係ありませんが、

参考になる写真を探していたらこんなのもありました。

股関節の柔軟性は大切ですね。

参考に読んでみてください(⌒∇⌒)

筋トレはキツイけど続けないと意味がない!

2017年03月29日(水)

毎週、老体に鞭打って筋トレは頑張っていますよ!


たくさんのことをする時間もないし、

そんなに体力もないので主なトレーニングを

絞ってやっています。



一応、トレーニングを指導するものとしては

それなりの体力も必要だし、お手本になるようにしないとね。


どんなことでもまずは見てもらってマネをしてもらうことからだし

その見てもらうお手本が不細工だとどうしょうもないですよね。


まあ、びっくりするような重さではないけど

少しずつ進化している自分も楽しいので

毎週しんどいけど頑張ります(^▽^)

次のページへ »

「KAATSU TRAINING」のロゴマークは、KAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。 本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」はKAATSU JAPAN 株式会社の登録商標です。