野球・ソフトボール

下半身のトレーニングもいろんなのがありますよ! #frontsquat #hipthrust

2017年01月26日(木)

 

11月から冬トレのウエイトトレーニングをチーム全体で開始しました。
ある程度、トレーニング種目のフォームが出来上がってきたところで、
同じ部位の種目を増やしていこうと思います。

さて、下半身トレーニングのメイン種目としてバックスクワットがあります。
より正確なフォームを追求していくときりがないので、
ある程度のレベルまで達したら、いろんな方法で筋力アップをしていきます。

筋肉は慣れが生じてくるとあまり発達しないという特性があります。
そして、同じ方法で筋肉を鍛えるのもその部分を大きくするにはいいのですが、
その競技力を上げるためにトレーニングをするわけですから、
部分的に偏ったところを鍛えるよりは、いろんな筋肉を鍛えた方がいいし、
主な部位を鍛えるにしてもいろんな方法で鍛えた方がいいのです。

今回は、坂本選手の動画にもあるようにフロントスクワットを追加しました。


arnold

バックスクワットでは、主に股関節の臀部やハムストリングスを鍛えるイメージで実施します。

フロントスクワットは、一般的な説明では主に膝関節の大腿四頭筋を鍛えるとあります。

しかし、フロントスクワットであってもバックスクワットと同じ場所を鍛えるイメージで行います。
じゃあ、膝関節の大腿四頭筋は鍛えなくてもいいのかというとそうではなく、
そこは、意識しなくても勝手にある程度鍛えられるんです。

臀部やハムストリングスなどの後面の部位は意識しないと鍛えられないですし、
ここをうまく使って体を動かすことは非常に大切な事なので、そこを徹底して意識させます。




坂本選手は簡単そうにやっていますが、バックスクワットはやったことはあっても、
フロントスクワットはやったことがない選手が多いので簡単にはできません。

手関節、肘関節や肩関節の柔軟性や姿勢などが悪いとなかなかできません。

しかし、これらをできるように柔軟性を高めたり、姿勢を意識することで
筋力アップはしなくても柔軟性や自分の体の劣っているところの気づきになります。

それが、間接的にパフォーマンスアップにつながると考えていますので、
少しくらいフロントスクワットがへたっぴでも問題ないんです(^▽^)

次回は、坂本選手の動画にあるヒップスラストを種目に入れようと思います。

硬式ボールに親しむ会_20161210

2016年12月13日(火)

今年も恒例の『硬式ボールに親しむ会』で
ウォーミングアップとトレーニングを担当させていただきました。

昨年まで改修工事で使えなかった西条球場でしたが、
両翼も98mと広がり、電光掲示板になって素晴らしい球場になっていました。

去年のブログはこちら!

12月に入り暖かい日が続き、今日も最高の野球日和でした。

芝生も乾いていたので、寝たり起きたり、転んだりと
いろんなウォーミングアップを中高生にしてもらいました(^▽^)/


今年の参加者は昨年よりもやや少なめでしたので、
バッティングとティーバッティングとトレーニングの3グループに
分かれて実施されました。

その間、投手はブルペンで投球練習になります。

バシバシとミットのいい音を鳴らす高校生の捕手に受けてもらい
気持ちよく投球練習をしていました。


雰囲気がわかるブログはこちら!


さて、20分間のローテーションになるのでたくさんのことはできませんが、
短い時間で少しでも身になることしたいと思い、
股関節と肩甲骨周辺のストレッチ&トレーニングをすることにしました。

ダルビッシュ投手がトレーニング内容を公開していたので
それをもとに自宅でもできる内容にアレンジしました。


トレーニングといっても自体重で行うものなのでそれほど大きな強化にはなりません。
しかし、受験勉強の合間でも簡単にできて、身体の機能を高める効果がるので
しっかりと説明しておきました。

同じことを3セットもするとこちらのお尻やハムがパンパンになってきて
途中から、順番が違ったり時間がかかったりとドタバタしちゃいました(;^_^A

これから中学生向けのトレーニングプログラムもやっていこうと思っているので
今回参加された中学生はちょっとお得だったかもしれませんね(^▽^)

東京ヤクルトスワローズ 由規投手 ブルガリアンスクワット #11 #由規

Yu Darvishさん(@darvishsefat11)が投稿した動画 –

メジャーのハーパー選手の高校時代のバッティング 2008年

2016年02月05日(金)




1:46よりバッティング練習の様子です。

身体全体を使って最後までしっかりと振り切っています。

ミートすることは当然のことですが、それ以上にしっかり振っている。

そういうスイングを身につけないと高いレベルで野球はできないでしょうね。

硬式ボールに親しむ会_20151212

2015年12月17日(木)

トレーニング後にストレッチの指導


今年も『硬式ボールに親しむ会』で、ウォーミングアップとトレーニングを担当させていただきました。

今年は、2017年の国体の準備に伴い新居浜市営球場も改修工事ということで、母校の新居浜東高グランドで行われました。

この時期のウォーミングアップは、静的なストレッチが多くなると体が冷えてしまうので動きのある動的なストレッチを多く取り入れました。

運動前に静的なストレッチで筋肉を伸ばしすぎると、悪影響を及ぼすそうです。


トレーニングでは、1グループ20分程度しか時間がありませんでしたので、自体重を使った下半身トレーニングや股関節の可動範囲を広げるストレッチを中心に指導しました。

なぜ、股関節の柔軟性が必要なのかも合わせて指導し、その重要性を理解してもらいました。

スクワットの動作を見るだけで、その子ができるポジションが決まってきます。

できるだけ多くのポジションを守れる方が得ですよね。




今年は少し暖かったので軟式野球をしていた子からすれば、手が痛いのが軽減されてよかったと思います。

最近の高校野球では残念なニュースが多く出ていますが、ここにいる中学生がひとりでも多く高校野球をしてくれることを願います。


ゆびこちらをポチっとお願いします 

スポーツのケガ・テーピング・交通事故治療・加圧トレーニングのことならお任せください!

 愛媛県新居浜市政枝町2丁目4-21
  0897-35-1511(予約優先制)

 

らいぱち

2015年08月21日(金)



らいぱち




胸を張って偉そうに指示する指導者であってはいけない!

2015年06月18日(木)

今から10年くらい前になるのかなぁ~(汗)

青山学院大学野球部のトレーナーをさせていただいている時に、
社会人野球のトレーナーから日ハムへ行かれた方のご行為で
鎌ケ谷のグランドをお邪魔させていただきました。

グランドやトレーニングルームなど一通り見学させてもらい
練習後、コーチ陣のオフィスにもお邪魔させていただきました。

その際、ユニフォーム姿のコーチ陣がパソコンの前に座って
カタカタと入力作業をしているのをみて驚きました。

ユニフォーム姿の会社員がいるような感じでしたので
かなり違和感を感じましたが、
これからの指導者はこうじゃないといけないんだと感じました。


白井一幸コーチのブログ
北海道日本ハムファイターズ
内野守備走塁コーチ兼作戦担当
http://shirai90.ashita-sanuki.jp/

 

元女子プロ野球選手の合田さん!

2015年04月18日(土)



先日、松山の実業団のソフトボールチームの練習に

参加するために東京から来られた合田さんが

わざわざ新居浜市のこんどう接骨院までお越しくださいました。





 

アッパースイング!

2015年04月15日(水)



この動画のメジャーリーガーは、

すごいバッティングですよね
ヤッタv

僕もこんなに下からすくい上げて

バックスクリーンに放り込みたいです!




メジャーリーガーにはこういう選手は多いのですが、

日本人でこういう打ち方をしている人

ってあまり見かけませんよね?


日本人と外国人との体格の差なんですかね???


力の強いメジャーリーガーだから

こういう打ち方なんですかね???


この選手も最初からこういう打ち方なのか?

プロになって筋力がついたからこんな打ち方になったのか?

昔は筋力がなかったからダウンスイングだったのか?


どうなんでしょうね???


筋力がなくても、僕はこういう打ち方で

かっ飛ばしたいですけどね。





最近は、ホークスの柳田選手のような

豪快な選手が出てきたので楽しみです
♪

大人になってボロボロの体では勝負になりません。。。

2015年03月24日(火)

記事の中にもありますが、20年前から怪我の予防に関して投球制限などの提言がされているにもかかわらず怪我でプレーを断念しているケースが多くあります。

甲子園でも事前の検査がありますが、甲子園まで来て検査の結果、試合に出れませんなんてないですよね。

この調査結果で少しでも変わればいいのですが。。。

 

子供たちの試合も今月から本格的に始まりますね!

2015年03月05日(木)



プロ野球もキャンプが終了し、オープン戦が始まりました。

子供たちの試合も今月から本格的に始まります。

チームに所属する選手も年々少なくなり、選手一人一人の負担が大きくなっています。

投げすぎないようにすることが理想ですが、現実的に難しい状況の方も多いと思います。

日頃からストレッチやアイシングをすることも大切ですが、痛みがあるときには早めにケアをすることをおすすめします。

痛みが強くなって患部の損傷が大きくなると、痛みのために長期離脱となります。

週末に試合が多いと思いますので、平日のピッチングは極力投げない方がいいと思います。

何かありましたらお気軽にご相談ください。


少年野球調査:肘などに痛み「感じた」57%:毎日新聞

http://mainichi.jp/sports/news/20150305k0000m050050000c.html


次のページへ »